スマートフォン版を表示
  • サイトマップ
  • 0120-066-426
  • メール相談
  • 予約フォーム
  • 0120-066-426
  • メール相談
  • 予約フォーム

耳の施術

立ち耳形成/柔道耳/外傷による変形/ピアス跡修正/耳介インプラント

耳の形成について

 耳は聴覚器の一部であり、集音作用を有しています人の耳は犬や猫、馬などの耳が動かせる動物と違い、耳(耳介)を動かす筋肉は退化しており耳自体を動かすことはできませんが、顔のパーツを含めて頭部の輪郭を形成し個人を特徴ずける重要な因子の一つです。  水平断面における頭部(乳様突起)と耳の角度(auriculocephalic angle, AC angle)は文献によって多少異なりますがおおよそ30°前後が標準値と言われています。

耳の形成について

 この角度は乳様突起(Mastoid)と耳甲介(concha)のなす角度、(CM angle 45°~90°)と船状窩(scapha)と耳甲介(concha)のなす角度( SC angle 90°以下)とのコンビネーションで決定されます。 たち耳形成を行う場合CM angleの大小、SC angleの大小、あるいは両者の複合であるのかによって術式を決定します。 ※外傷やMicrotiaで耳介を失った方のためにインプラント法による最先端技術を用いたシリコンによる耳介再建も行っております。

乳様突起と耳甲介のなす角度と、船状窩と耳甲介のなす角度

耳の施術メニュー

立ち耳

AC angleがおおよそ40°をこえると立ち耳といわれますが、耳や顔の大きさによっても印象が異なるので、あくまでも主観的なものとお考えください。たち耳の原因は主として対輪の発育が十分でないためにSC angleが90°を超えて150°以上になっていることです。正面から耳の張り出しが気になる方は耳の軟骨を糸で数カ所縛り対輪を形成し、立ち耳を修正します。

柔道耳

柔道やレスリングなどのスポーツ外傷により耳の皮下出血をきたし、そのまま放置していると生じます。耳介軟骨と軟骨膜の間に血腫が形成され、それが瘢痕化、繊維化、軟骨形成して生じるとされています。耳の皮膚を切開して変形部の瘢痕と軟骨を切除します。

傷跡修正

ピアス跡、ピアスによる耳たぶの裂傷の修正が可能です。 さらに、外傷などで、耳介を失った方のためにインプラント法による最先端技術を用いたシリコンによる耳介再建も行っております。

▲ページ上部へ

  1. 東京の美容整形・美容外科「マックスファクス銀座クリニック」TOP
  2. 診療案内
  3. 耳の施術