スマートフォン版を表示

美容外科 マックスファクス銀座クリニックの特徴・ご質問の施術についてのご案内

  • サイトマップ
  • 0120-066-426
  • メール相談
  • 予約フォーム
  • 0120-066-426
  • メール相談
  • 予約フォーム

特徴・ご質問

戻りにくい埋没法や切開法で美しい自然な二重を形成します。

きれいな二重の特徴

チーム医療の様子
真皮(皮膚の表側)


眼輪筋
糸の結び目は眼輪筋層に留まります。


結膜側(目の裏側)
目の裏側に糸が露出しないようにします。
【マルチプルノット法6点留めの糸の掛け方】

 埋没法では、留める位置や方法に独自の工夫を凝らし「緩む可能性がある」という欠点を抑えた施術を行っております。使用する糸は埋没法に適している医療用のナイロン製を使用しています。
 従来のクイック埋没法とは異なり、糸の掛け方の工夫をしたマルチプルノット法を採用しています。2本の糸用いて皮下組織と強力な固定を得ることが可能です。1本目の糸で二重のラインを形成して、2本目の糸は中央部を補強しながら二重の幅を固定します。固定点数を増やすことで、一重に戻りにくくします。固定点数は、2~10点まで選択することができます。
 マルティプルノット法は、結び目の露出を防ぐために、真皮に糸がかからないように皮下眼輪筋の中へ結び目を埋め込む技術が必要です。通常のクイック埋没法によりも施術時間がかかりますが、結果として二重のラインをより細部までこだわった、理想の形に近づけることができます。
 切開法は医師の技術が非常に問われる方法です。当院では、経験豊富な医師の視点で、よりナチュラルでパッチリとした二重を形成いたします。特に切開後に皮膚下に残る眼輪筋や瞼板を丁寧に処理することで、強固なラインを作り上げます。

きれいな二重のよくある質問

二重の手術は「みんな同じデザインの目にされてしまう」と聞いたことがあります。
 そのようなことがないようにしています。カウンセリング時に患者様の目の特徴や顔立ち、そして術後の理想像を総合的に考慮し、デザインを決定します。患者様にあった二重幅や目元をシミュレーションを行いながらご提案致します。
二重の手術をして年齢を重ねた後、施術部分が不自然に見えそうで心配です。
 ZAOのような術式を採用しているクリニックは、国内ではおそらく当院だけだと思います。
 ZAOは、頬骨の前方向と後側を共に口腔内から骨切りを行います。特に後ろ部分がブラインド(見えない)ので、顎顔面手術の練度と高度な感覚が必要です。
埋没法を複数回受けても大丈夫ですか?
 「何回以上はやってはいけない」という制限はございません。但し、3回を超えて行うと、悪影響を及ぼす恐れがあります。それは、糸がまぶたの中に残ることにより生じる異物感や、まぶたや目の表面の荒れとなって現れます。
 また、一度埋没法を受けた後、もとに戻ってしまった経験ある方は、再び施術を受けた場合でも再度元に戻ってしまう可能性が高いです。そのような患者様には、外科的手法を伴う切開法による、もとに戻らない半永久的な二重まぶた形成手術をお勧めいたします。
埋没法は元に戻りやすいというのは本当ですか?
 半永久的に二重を維持できる切開法と比べて、元に戻りやすいのは本当です。それは糸のたるみに起因します。結果として二重のラインが浅くなることや、二重の幅が狭くなることがあります。また、以下のようなタイプの方は元に戻りやすいので、切開法をお勧めします。
 まぶたが厚い方、奥目の方、目をこする癖を持つ方などです。
左右で二重の幅が異なりコンプレックスです。埋没法で幅を揃えられますか?
 可能です。埋没法では、二重を形成するために糸を使用しますが、その加減を左右で調整することにより、バランスを整えていきます。但し、まぶたが極端にふっくらしている患者様には、切開法による施術をご提案させていただいております。
埋没法施術の後、どのくらいの期間で腫れは引きますか?
 個人差がありますが、概ね2日から3日で腫れは引きます。中には1週間ほど掛かる患者様もいらっしゃいます。なるべく早く腫れを取りたい患者様には、ご自身でのまぶたの冷却を推奨しております。
 埋没法による二重手術は、大型連休や有給休暇の範囲内で完結できます。手術の日程も合わせて、お気軽にご相談ください。
切開法は文字どおり切開を伴う手術だと思いますが、傷跡が残りますか?
 本来、切開をするまぶたは皮膚が薄く、傷が治りやすい部分です。それゆえに、傷が盛り上がってしまって目立つことは稀なケースです。また、切開法は、切開したラインで二重のシワを形成する方法なので、時間の経過と共に(3~6か月)傷跡はほとんど目立たなくなります。但し経験の浅い医師が執刀した場合、目立ってしまう場合があります。皮下の眼輪筋や脂肪を切除しすぎたことに起因します。目を閉じると切開したラインが凹んで見えて目立ってしまうのです。
 当院では、切開法の経験豊富な医師により執刀が行われるため、上記のようなケースはありません。
埋没法を受けてから切開法を受けても問題ありませんか?
 埋没法の後、切開法を受けることに全く問題はありません。埋没法から自分の理想の二重ラインを見つけていくのは良い方法です。

▲ページ上部へ

  1. 特徴・ご質問