スマートフォン版を表示

美容外科 マックスファクス銀座クリニックの特徴・ご質問についてのご案内

  • サイトマップ
  • 0120-066-426
  • メール相談
  • 予約フォーム
  • 0120-066-426
  • メール相談
  • 予約フォーム

特徴・ご質問

戻りにくい埋没法や切開法で美しい自然な二重を形成します。

きれいな二重の特徴

チーム医療の様子
真皮(皮膚の表側)


眼輪筋
糸の結び目は眼輪筋層に留まります。


結膜側(目の裏側)
目の裏側に糸が露出しないようにします。
【マルチプルノット法6点留めの糸の掛け方】

 埋没法では、留める位置や方法に独自の工夫を凝らし「緩む可能性がある」という欠点を抑えた施術を行っております。使用する糸は埋没法に適している医療用のナイロン製を使用しています。
 従来のクイック埋没法とは異なり、糸の掛け方の工夫をしたマルチプルノット法を採用しています。2本の糸用いて皮下組織と強力な固定を得ることが可能です。1本目の糸で二重のラインを形成して、2本目の糸は中央部を補強しながら二重の幅を固定します。固定点数を増やすことで、一重に戻りにくくします。固定点数は、2~10点まで選択することができます。
 マルティプルノット法は、結び目の露出を防ぐために、真皮に糸がかからないように皮下眼輪筋の中へ結び目を埋め込む技術が必要です。通常のクイック埋没法によりも施術時間がかかりますが、結果として二重のラインをより細部までこだわった、理想の形に近づけることができます。
 切開法は医師の技術が非常に問われる方法です。当院では、経験豊富な医師の視点で、よりナチュラルでパッチリとした二重を形成いたします。特に切開後に皮膚下に残る眼輪筋や瞼板を丁寧に処理することで、強固なラインを作り上げます。

▲ページ上部へ

  1. 特徴・ご質問