スマートフォン版を表示

美容外科 マックスファクス銀座クリニックの特徴・ご質問の施術についてのご案内

  • サイトマップ
  • 0120-066-426
  • メール相談
  • 予約フォーム
  • 0120-066-426
  • メール相談
  • 予約フォーム

特徴・ご質問

顔パーツとバランスをとる施術で、人工的な印象を与えない理想の高さに

鼻を高くする施術の特徴

鼻を高くする施術の特徴

◆ 患者様個々の3D骨模型(鼻専用)からオーダーメイドのプロテーゼ成型が可能です。
ベテラン医師によりプロテーゼは真っすぐ正しい位置に挿入されます。

 術前に患者様のご希望の鼻の高さをシミュレーションソフトをもちいて再現いたします。患者様の3DCTより軟組織付きの鼻模型を作成して三次元的に患者様のご希望をシミュレートすることも可能です。その結果と鼻の状態を十分に考慮して、患者様ためだけのシリコンプロテーゼを加工・形成いたします。プロテーゼは鼻孔の内側から挿入するので、傷跡が目立つことはありません。

鼻を高くする施術のよくある質問

プロテーゼを挿入した後、その部分に触れた場合、どんな感触ですか?
 プロテーゼの大きさによってはやや硬くなることもありますが、通常の大きさの場合不自然な硬さになることはありません。
I型プロテーゼを隆鼻術に使用する利点を教えてください。
 鼻先に負担をかけることがありません。それにより、鼻先の皮膚が薄くなるリスクがありません。よってプロテーゼが皮膚を破って飛び出してくることはありません。またL型では鼻先が硬くなりますが、I型はほとんどありません。
年月の経過により、プロテーゼを新しいものに入れ替える必要はありますか?
 プロテーゼは耐久性があるものを使用しており、劣化等がほとんどないので入れ替えの必要はありません。
シリコンプロテーゼを挿入後に、動いてしまわないか心配です。
 プロテーゼは正しい位置に入っていれば、動くことはまずありません。
以前入れたプロテーゼを抜いた場合、その部分が凹んでしまうことはありますか?
 プロテーゼを抜いた後は、ほぼ挿入前の鼻の形に戻ります。凹むことはほとんどないでしょう。
プロテーゼと自家軟骨移植を比較した場合、どちらが自然に仕上がりますか?
 どちらがというより、場所によって使い分けるのが良いと思います。鼻根部にはプロテーゼ、鼻尖や鼻柱部には耳介軟骨を入れます。
隆鼻術を自家軟骨移植により行う場合、軟骨はどの部分から採取するのですか?
 耳から耳介軟骨を採取するのが一般的です。
自家軟骨移植を行った場合、術後に自家軟骨がずれてしまわないか心配です?
 患者様ご自身の組織なので、術後に生着します。それゆえに、ずれたり動いたりすることはありません。

▲ページ上部へ

  1. 特徴・ご質問