スマートフォン版を表示
  • サイトマップ
  • 0120-066-426
  • メール相談
  • 予約フォーム
  • 0120-066-426
  • メール相談
  • 予約フォーム

当院の特徴

厚ぼったく見える唇を自然な大きさに改善

唇を薄くする施術の特徴

  • 歯列矯正
    ◇叢生(歯並びがわるい)
    歯列矯正
  • 骨切り手術
    ◇骨格性の場合(上下顎前突症)
    骨切り手術
  • 口唇縮小術
    ◇口唇の領域が広い場合
    口唇縮小術

◆ くちびるの厚みの原因を特定し最適な施術をご提案します。
当院では外科的手法、骨切り、矯正など様々な術法が行える環境が整っております。

  唇を薄くする方法として、口唇縮小術の他に、歯列矯正、上下顎のセットバックといった方法もご提案することがあります。

 全歯列が叢生(歯並びがわるい)で前方に突出していて、歯によって唇が前に押し出されている場合、矯正歯科治療で唇の厚ぼったさが改善されることがあります。

 骨格性の上下顎前突症によって唇が厚ぼったくなっている場合は、骨きり手術が選択肢の1つです。例えば、上下の前歯部分を下げる、Wassmund+Köle法。また、ルフォーⅠ型骨切り術(Le Fort type 1 osteotomy)+下顎後退術(SSRO, IVRO)という術式は、上アゴと下アゴを後方へ移動させる術式です。
 中でも、ルフォーⅠ型骨切り術+下顎後退術は、自然な印象で唇を最も薄く仕上がる方法と言えるでしょう。上下顎の骨を後方に下げる事で唇が引っ込み、口唇の形を変える事なく、薄くすることが可能です。その際、噛み合わせや唇のラインが曲がらないように注意を払う必要があります。

当院の特徴

01

ベテラン専門医達によるチーム医療

チーム医療の様子

 顎顔面領域には目(視覚)、耳(聴覚)、鼻(嗅覚/呼吸)、口(咀嚼、味覚、言語、呼吸)という重要な器官が存在します。顎顔面の美容医療はこれらの機能を損なうことなく医学的根拠にもとずいて安全に行わなければなりません。
 患者様に安心していただく美容医療を提供するために口腔顎顔面外科手術、美容外科手術はそれぞれ日本口腔外科学会認定口腔外科専門医、指導医、日本形成外科学会認定形成外科専門医、日本美容外科学会認定美容外科専門医の美容医療に長年専念している医師が施術をおこないます。痛みのない治療を安全に行うために全身麻酔は日本麻酔科学会認定専門医、指導医の資格をもつ麻酔科医が担当いたします。

詳しくはこちら

02

経験豊富なスタッフ

経験豊富なスタッフ

 基本コンセプトのひとつである安心と安全を実現するために医師ばかりではなく、看護師も大学病院の手術室と美容外科勤務の実績あるスタッフのみを採用しております。トラブルを起こさないため常に的確な判断のもと施術を行うには、知識よりもどれだけ多くの経験を積んできたかということが重要となります。そのため当院は、経験豊富なスタッフによる万全な体制を敷いております。また、局所麻酔をのぞいて麻酔は麻酔科専門医が必ず施行を致します。手術が終わるまでは患者様の傍らで全身管理を行っております。手術中は最新の生体情報モニターを確認し手術医、麻酔科医、看護師とともに患者様をお守り致します。

詳しくはこちら

03

独自のデバイスによる分析と解析

独自のデバイスによる分析と解析

 顎顔面領域は解剖学的に非常に複雑で重要な神経や血管が沢山存在します。当院では各種手術を安全で確実に行うために医療機器メーカーと手術の補助器具を共同開発しております。
 特にLe Fort(ルフォー) Ⅰ型、Ⅱ型骨切り術は侵襲が大きく難しい手術で、特に上顎の位置決めは今まで確実な方法がありませんでした。 当院が(株)ワシエスメディカルと共同開発したMSP(Maxillary Segment Positioner)はLe Fort(ルフォー) Ⅰ型、Ⅱ型骨切り術において上顎を正確に位置決めして固定することが可能です。独自の機器をもちいることで手術が容易になり手術時間が短縮できるため安全で確実な手術が可能となります。 

詳しくはこちら

04

医学的根拠に基づいた形成と精密な手術

チーム医療の様子

 医学的根拠に基づいた美容手術をおこなうために骨格の手術では必ず側面・正面の骨格分析(セファロ分析)を行い、コンピューターで必要な骨格の移動量(角度、距離)をもとめます。その数値から予想した顔貌を参考に、グラフィックデザイナーが監修した独自のソフトウェアで精密なシミュレーションを行います。術後の変化度合いをイメージ画像で表し、医師と患者様のご要望を共有いたします。その後、レントゲンデータから患者様の実物大骨3D模型を作成し、模擬手術で検証をおこなった後に実際の手術を行います。特に骨の位置決めが困難なLe Fort Ⅰ型骨切り術ではシミュレーションで決定した骨格の移動量をMSP で正確に再現できます。

詳しくはこちら

05

大学病院に準ずる先端の医療設備

チーム医療の様子

 安全性を第一に考え大学病院や総合病院に準じた先端の医療設備を整えております。クリーンな環境で施術を受けていただく為に新型の空調設備、生体情報モニター、自動追尾型無影灯システム。ストライカー、ソノペットを始めとした医療機材等、国際基準から医療機材を取り揃えております。  常に有用な機材がある場合には積極的に取り入れ、最適な施術が行えるよう医療環境をアップデートしております。クリニック内の環境は、Google社が提供するインドアビューでご確認いただけます。

> Googoleインドアビューでクリニックを見る

詳しくはこちら

06

徹底したアフターケア

チーム医療の様子

 患者様が安心して治療を終えられる環境作りに注力しています。アフターケアもその1つで、手術・施術後のアフターケアの料金は治療後も何度でも無料で診察を行わせて頂いており、保証制度についても充実しております。通院などが必要な場合は担当医師の指示に従って、アフターケアサービスをお受けください。  また、当院では実際に施術をお受けいただいた患者様には、術後のお悩みや、ご不安を24時間体制でお答えいたします。手術後しばらく経ってご不安な点や不明瞭な点などがございましたら、お気軽に電話、またはメールにて直接ご相談ください。

詳しくはこちら

▲ページ上部へ

  1. 当院の特徴