スマートフォン版を表示
  • サイトマップ
  • 0120-066-426
  • メール相談
  • 予約フォーム
  • 0120-066-426
  • メール相談
  • 予約フォーム

頬骨の施術

正面や横からの出っ張りが気になる、小顔になりたい方へ

頬骨削りについて

国内で唯一の皮膚(耳前部)にメスを入れない頬骨骨切り術

 頬骨削り(矯正、引っ込める)や頬骨弓骨きり術は頬骨の張っていない西洋人のようなシュッとした顔立ちにするには欠かせない方法です。

◇頬骨の前方が突出している場合

 頬骨の前方部のボルュームを小さくするには骨削術(頬骨削り)をおこないます。

◇頬骨が横に張り出している場合

 頬骨が横に張り出している原因の多くは頬骨弓(この部分をザイゴマティクアーチといいます)[Fig1]
という部分が横に張り出している場合が多く、頬骨が横に張り出しているときは二つの手術法があります。これらの手術には今のところ正式名称といったものはなく、ザイゴマティクアーチリダクションとかマラーリダクションとか単にアーチリダクション、アーチインフラクチャー法とか施設よって様々な名前で呼ばれています。当院ではZygomatic Arch Osteotomy(ザイゴマチックオステオトミー)の頭文字をとってZAOと呼んでいます。

1.張り出した部分を削る方法

 頬骨弓は厚さが薄いところでは4~5mm程しかなく、この骨を削ったとしても2~3mm程度が限界です。また、この骨の中央部の外側には顔面神経という大切な神経の一部が走っており頬骨弓の外側を削る時にこの神経に影響を及ぼすと額にシワがよせられなくなったり、眉毛が下がったりします。[Fig2]
 頬骨弓は外力で折れやすい場所ですので骨を削ることでより骨折しやすくなるなどのリスクがあります。

2.頬骨弓を前方と後方で骨切りして張り出した部分を内側に転位させる方法(ZAO)
 
 出っ張った頬骨を小さくすると同時に顔の幅を小さくすることができるZAOは頬骨弓自体を内側に転移させるために頬骨弓の張り出しを片側で1㎝程度縮小させることができます。ただし頬骨弓の内側には側頭筋があり、この側頭筋が付着している下顎骨筋突起が長い人では頬骨弓を内側に移動させすぎると口を大きく開けられなくなりますので注意が必要です。多くの症例では頬骨削りと頬骨弓骨きり術を同時に行います。頬骨弓が横方向に張り出している人は頬骨の前方もボリュームもあり突出している傾向があるためです。
 具体的にはお口の中の粘膜を2センチ程度切開して頬骨弓の前方と後方を独自の手技と器具で骨きりして、頬骨、頬骨弓全体を内側に移動させることによって頬骨の突出を改善すると同時に顔の幅を小さくすることができます。

国内で唯一の皮膚(耳前部)にメスをを入れない頬骨骨切り術

 ZAOはEZカンター法とプリベンディット法があります。EZ カンター法はZAO専用の手術機械でお口中から頬骨弓の前方と後方を骨きりし、頬骨弓を内側に転移させる方法で固定は行いません。したがって頬骨の出っ張りが少ない方に向いています。一方プリベンディット法はEZカンター法と同様にお口の中から頬骨弓の前方と後方を骨きりますが、骨きりした部分を専用の極薄純チタンプレートとスクリューで固定します。チタンは生体に対して非常に親和性の高い材料で骨折の治療などにも使用されていますので安全です。プレートは純チタン性ですので空港などの金属探知機にも反応しません。また骨きり部の骨の癒合が終わればプレートは取り外すことも可能です。

◇他院で行われている頬骨弓骨切り術よりZAOの優れている点
 1.手術のリスクが他の方法よりも非常に少ない
 2.顔に一切の傷跡が残らない
 3.頬のたるみが生じにくいなどが挙げられます。

 他院では耳の前の皮膚を切開し、皮膚と骨膜を骨からはがして頬骨弓の外側から後方部の骨切りをします。例え、超音波切削器具を用いても熟練した術者がおこなわなければ顔面神経側頭枝(額や上瞼を動かす神経)に影響をおよぼし、額に皺がよらなくなったり上眼瞼が少し下垂したようになる恐れがあります。
 一方、ZAOは頬骨弓の前方部、後方部とも口腔内からアプローチして、骨切りをおこないます。特に後方部の骨切りは頬骨弓の内側からおこないますので耳前切開をする一般的な方法にくらべて顔面神経側頭枝を損傷する可能性が非常に低いのです。また骨切りをする部位の骨膜しか剥離せず、頬骨弓全体を上方に引き上げて固定し、頬にたるみが生じにくくする工夫をしています。

手術の方法

頬骨削り(マラーリダクション) 頬骨の前方部のボルュームを小さくする手術です。


[1]小さくしたい頬骨上の皮膚に削る範囲を等高線状にマーキングします。 
等高線状にマーキング
[2]口の中の粘膜を5mm程度切開し専用の器具で削りたい範囲の骨膜を剥離します。
骨膜を剥離
[3]EZカンターという器具を用いて骨の出っ張りを削り落としてゆきます。頬骨体の前面は骨が薄いので削り過ぎないように注意しながら慎重に削ります。
慎重に削ります

頬骨弓骨切り術(アーチインフラクチャー法)は以下の2通りの方法があります。

EZカンター法


[1]頬骨近くの口腔粘膜を5mm程度切開し、骨切り部骨膜を剥離します。
骨切り部骨膜を剥離
[2]特殊な手術器具を使って頬骨弓の前方と後方の二箇所を骨切りします。
二箇所を骨切り
[3]頬骨内側に転位させます。
頬骨内側に転位
[4]前方と後方に生じた段差を削ります。特殊な器具を使用 して頬骨弓の骨膜は骨切りを行う部位だけしか剥離しません。そのため術後に頬骨弓がおかしな位置に移動してしまうことがありません。お顔の表面に手術跡は残りません。術後、ごくまれに前方の骨切り部に凹みが出ることがあります。その際は凹みを骨セメントなどで修正する必要がございます。
段差を削ります

プリベンディッドプレート固定法


[1]頬骨近くの口腔粘膜を5mm程度切開します。
口腔粘膜を5mm程度切開
[2]頬骨体と頬骨弓周囲の骨膜を丁寧に剥離し、頬骨弓前方を骨切りします。
頬骨弓前方を骨切り
[3]頬骨弓の後方を特殊な器具で口腔内から矢状方向に骨切りします。
口腔内から矢状方向に骨切り
[4]分離した頬骨弓を前上方に引き上げ術前に3D模型上で曲げておいたプレートで固定します(頬骨弓を上方に引き上げることで術後の頬のたるみを予防することができます。)段差を削ります。骨切り面を合わせてプレートで固定しますので骨きり部に凹みができることはありません。
段差を削ります

手術データ

 施術時間 1~3時間
 麻酔 全身麻酔
 痛みの度合い レベル3
 ダウンタイム 夜間ギブス固定:平均1週間腫れのおさまり:3mo(下記へ)
 メイク お化粧は可能です。
 シャワー 体が温まり過ぎない程度に可能
 食事 翌日の診察後から

◇腫れのおさまりについて 術後3日ごろがピークでその後徐々に引いてゆき2週間程度で手術による腫れは消失します。その後、むくみは残り3ヶ月程度で落ち着きます。

▲ページ上部へ

  1. 東京の美容整形・美容外科「マックスファクス銀座クリニック」TOP
  2. 診療案内
  3. 頬骨の施術