スマートフォン版を表示

鼻柱の上げ下げの施術についてのご案内

  • サイトマップ
  • 0120-066-426
  • メール相談
  • 予約フォーム
  • 0120-066-426
  • メール相談
  • 予約フォーム

鼻柱の上げ下げ

鼻柱が小鼻に隠れている方 / 鼻中隔延長術が困難で鼻柱が下がらない方

鼻柱の挙上/下降について

鼻柱と鼻翼のバランスや横顔からの評価を計算した自然な鼻柱の形成

鼻柱と鼻翼のバランスや横顔からの評価を計算した自然な鼻柱の形成

 鼻柱は前方から見たときに両側の鼻翼基部を結んだ線よりも下側にあるのが望ましいとされています。鼻柱がこの線よりも上側にあると鼻尖が実際よりも大きく見えたり、鼻翼も広がって見えます。

鼻柱と鼻翼のバランスや横顔からの評価を計算した自然な鼻柱の形成

 また、鼻柱がこの線よりも下側すぎると横から見たときに鼻腔が広く見えます。
 鼻柱を下に下降させたいときは耳介軟骨移植鼻柱下降術、鼻柱を上に挙上したいときには鼻柱挙上術を行います。いずれも鼻柱全体を移動させる場合と主に鼻柱基部を移動させる場合とで多少方法が変わります。

鼻柱がアンバランスになる要因

鼻を横から見たときは鼻柱と上唇とのなす角度(鼻唇角)が鼻柱の形態や位置を評価する重要なポイント

 鼻を横から見たときは鼻柱と上唇とのなす角度(鼻唇角)が鼻柱の形態や位置を評価する重要なポイントとなります。側貌の美容指数Personal beauty index を考案したPerkによると理想値は100°とされていますが、鼻唇角を評価するときは必ず上顎前歯部の突出度および傾斜角も評価しなくてはなりません。

  • 上顎前突
    ◇上顎前突
  • 矯正歯科治療
    ◇矯正歯科治療

 出っ歯で上顎前歯部の傾斜の強い人では鼻唇角は狭くなります。矯正歯科治療、Wassmund法で上顎前歯部を後方に下げるとともに歯軸傾斜を改善します。

  • 上顎後退
    ◇上顎後退
  • Lefort-1型骨切りで上顎全体を前方に移動
    ◇Lefort-1型骨切りで上顎全体を前方に移動

 逆に上顎前歯部が後方にある場合は鼻唇角は大きくなります。このような症例は上顎全体が劣成長で頭蓋骨に対して通常よりも後方に位置していることが多くLe Fort 1型骨きり術で上顎全体を前方に移動させる必要があります。

手術の方法

耳介軟骨移植鼻柱下降術


[1]耳の後ろを切開して、耳介軟骨を採取します。耳介軟骨は再生し、傷跡は、ほとんど分からなくなります。採取した軟骨は二枚重ねに形成し、三カ所に糸を縫い付けておきます。
耳介軟骨を採取
[2]鼻柱の頭側に切開を加えて、皮下を剥離します。
皮下を剥離
[3]耳介軟骨を鼻柱に挿入して、あらかじめ付けておいた糸を鼻柱よりでプルアウトして位置を定める。鼻中隔軟骨に3カ所程度縫い付けて固定する。
鼻中隔軟骨に3カ所程度縫い付けて固定
[4]移植片固定と止血のため、特別に加工した鼻栓を両側鼻孔に挿入する。
鼻栓を両側鼻孔に挿入

鼻柱挙上術


[1]鼻腔内側の皮膚を図のごとく鼻柱基部の移動量に応じて切除します。
鼻腔内側の皮膚を切除します
[2]鼻翼軟骨内側脚および鼻柱軟組織を鼻中隔軟骨に縫い付けます。必要であれば鼻中隔を一部切除します。
鼻中隔軟骨に縫い付けます
[3]鼻柱部の皮膚を丁寧に縫い付けます。
下顎角からオトガイ付近までの下顎骨を削ります
[4]ついで鼻翼挙上術を行います。
鼻翼挙上術を行います

手術データ

鼻柱下降術(耳介軟骨移植)

 施術時間 手術時間 おおよそ150min
 麻酔 局所麻酔
 痛みの度合い レベル2
 ダウンタイム 固定:約1週間 / 腫れの治まり:1週間(個人差あり)
 メイク 当日より可能(鼻周り1週間後)
 シャワー 当日より可能(傷口濡らさない程度)
 通院 2回

鼻柱挙上術

 施術時間 手術時間 おおよそ1hour
 麻酔 局所麻酔
 痛みの度合い レベル2
 ダウンタイム 固定:約1週間 / 腫れの治まり:1週間(個人差あり)
 メイク 当日より可能(鼻周り1週間後)
 シャワー 当日より可能(傷口濡らさない程度)
 通院 2回

鼻柱下降術・鼻柱挙上術の特徴

鼻柱下降術・鼻柱挙上術の特徴

◆ 鼻柱に対して鼻の各パーツとのバランスはもちろん、上唇の関係性も重要です。
ご希望から最適な位置をシミュレートして、適切な術法を提案いたします。

 当院の鼻柱形成は鼻尖や鼻翼とのバランスだけでなく、上唇との関係(鼻唇角)に影響する上顎前歯の突出度や傾斜角も分析して施術法を決めます。
 また患者様の微妙な要望に応えるために骨格付鼻模型をCTより作成して術前に患者様と仕上がりのイメージを共有することが可能です。

鼻柱下降術・鼻柱挙上術のよくある質問

鼻柱とは何ですか?
 鼻の穴を分けるように存在する壁のような部分です。軟骨でできています。
鼻翼とは何ですか?
 鼻の穴を包む、膨らみの部分(両側)を指します。
鼻柱の適正な位置はどこですか? 鼻柱の高さを変える方法はありますか?
 鼻柱の適正な位置とは、鼻柱が鼻翼の下ラインより、少々出ている状態です。もしも、鼻柱が鼻翼の下ラインより下がりすぎている場合は、鼻柱挙上術を用いて改善いたします。一方、鼻柱が鼻翼の下ラインに達していない場合は、耳介軟骨移植鼻柱下降術を用いて適正な位置へと導きます。
外鼻柱下降術(耳介軟骨移植鼻柱下降術)は、どのような手順で行うのですか?
 耳から軟骨を採取します。次に、鼻の穴の中を切開して鼻柱の皮膚下に移植するスペースを確保します。最後に、鼻柱の皮膚下に、採取した軟骨を移植します。
鼻柱挙上術はどのような手順で行うのですか?
 鼻腔内の皮膚を、鼻柱移動量に応じて切除いたします。次に、鼻翼軟骨内側脚を鼻中隔軟骨に縫合します(鼻中隔軟骨を切除する場合もあります)。そして、鼻柱の皮膚を縫合します。
以前、鼻柱延長のため軟骨移植をしました。再手術をしても問題ありませんか?
 再度の施術の可否は、患者様のお鼻の皮膚の進展次第です。もし行うとすれば鼻中隔延長術をお勧めします。
術後の腫れはどの程度残りますか?
 腫れはほとんどありません。

施術の流れ

施術の流れ

輪郭整形、骨格形成、目もと、鼻、耳などの各美容施術のご予約~カウンセリング~手術~術後検診までの流れをご説明致します。

料金表

施術料金

施術項目 金額 (消費税別)
鼻柱挙上術 ¥300,000
鼻柱下降術 (+耳介軟骨移植) ¥420,000

初診料 / 術前検査料

初診料

ドクターカウンセリング 実際に施術をするドクターが、時間をかけて丁寧にカウンセリング致します。 無料

検査料

検査項目 ※手術や処置内容によって必要な検査は異なります。 金額 (消費税別)
術前血液検査 ¥5,000
CT ¥30,000
胸部X線・心電図 ¥10,000
鼻模型 (鼻骨部分骨+シリコン皮膚) ¥50,000
鼻翼縮小用 (皮膚特殊シリコン+骨 鼻モデル) ¥70,000

※鼻模型はご希望の方のみ作成いたします。

麻酔

麻酔項目 ※手術や処置内容によって麻酔の適用は異なります。 金額 (消費税別)
全身麻酔 (3時間まで) ※全身麻酔の場合は、各種検査費用が必要です。 ¥150,000
静脈麻酔 (2時間まで) ¥90,000
硬膜外麻酔 ¥100,000

お支払い方法

現金でのお支払いおよび、患者さまのご都合に合わせて銀行振込、医療ローン・各種クレジットカード・デビットカードがご利用頂けます。

現金支払い
銀行振込
クレジットカード

提携クレジット会社は、VISA、マスター、アメックス、JCB、UC、ダイナース、
ディスカバー、PayPal、銀連となります。

クレジットカード
デビットカード

日本デビットカード推進協議会 ( J-Debit ) に加盟しておりますので
デビットカードでのお支払いが可能です。

デビットカード
医療ローン

当院では、銀行が提供する医療ローンをご利用頂けます。
お申し込み、ならびに審査については、お気軽にお問い合わせ下さい。

▲ページ上部へ