スマートフォン版を表示
  • サイトマップ
  • 0120-066-426
  • メール相談
  • 予約フォーム
  • 0120-066-426
  • メール相談
  • 予約フォーム

エラの施術

正面や横からの出っ張り、腫れぼったさが気になる方

エラ削りについて

特殊プレートの使用により左右差のない正確な骨切り術

 横顔における下顎角(ゴニオンアングル)は120°~130°が美しいといわれています。
 エラの張っている人はゴニオンアングルが120°以下の場合が多く、この角度が90°に近づくと正面顏は四角顔になり、横顔もおおきくなります。

ゴニオンアングル

 当院では下顎の輪郭を自然なラインとするために、ゴニオンアングルを120°~130°に整えるとともにエラから前方のオトガイに近い部分まで骨きりして、美しい下顎を形成します(下顎角形成術)。

 下顎角の骨切りは口内法でアプローチすると視野が悪く、特にエラの後縁はほとんど見えません。
 図Aのような後方に張り出したエラの形態を理想的な形態に仕上げるには図Bのようにエラの後縁を正確に切り取らなくてはなりませんが非常に困難です。したがってほとんどの美容外科では図C、Dのように下顎枝の後縁の骨切りはしていません。当院は実寸大の下顎模型上で作成した金属製のガイドプレートを使用して図Bのように下顎枝の後縁まで骨切りして自然で美しいエラのラインに仕上げます。

当院のエラ削り

 正面顏において下顎の幅を小さくされたい場合は 、下顎角形成術だけでは十分な小顔効果は得られません。正面顏で下顔面を小さくしたい場合は下顎角形成術に加えて下顎骨外板切除術をおこないます。

当院のエラ削り

  • 【A.正面】
  • 【下顎角形成術】
  • 【下顎角形成術+外板切除術】

手術の方法

下顎角形成術(アングルプラスティ)


[1]大臼歯外側の頬粘膜に5㎝程度切開します。 
切開します
[2]骨膜剥離子で下顎角の骨面を露出させます。
骨面を露出させます
[3]下顎骨に患者様の三次元模型上で作成した金属製のガイドプレートを装着します。
装着します
[4]金属のガイドに沿ってオシレーティングソーで下顎角から下顎縁の前方まで骨切りします。 
骨切りします
[5]ガイドを外し、オトガイ部からエラにかけて下顎縁の段差をEZ-カンターで削りとります。患者様の模型上で作成したガイドを使用することで左右対象で美しい下顎角を形成できます。 
美しい下顎角を形成できます

下顎角形成術(EZカンター法)


[1]オトガイ下の皮膚を1㎝程度の切開します。
切開します
[2]EZカンター専用の剥離子で削る範囲の骨膜を剥離していきます。
骨面を露出させます
[3]EZカンターファイルで下顎角からオトガイ付近までの下顎骨を削ります。EZカウンターには骨を削りながら骨削面を洗浄し、削った骨を吸い取る機能が備わっています。オトガイ下の皮膚に1㎝程度の傷跡が残りますが注意してみないとわからないくらいになります。
美しい下顎角を形成できます

下顎骨外板切除術


[1]大臼歯外側の頬粘膜に5㎝程度切開します。
切開します
[2]骨膜剥離子で骨面を露出させます。
骨面を露出させます
[3]電動のヤスリで車線の部分の外側骨皮質を削り落とし、サジタルソーで囲み部分の下顎骨外側の骨皮質をスライスします。
美しい下顎角を形成できます
[4]電動のヤスリで段差を修正します。
美しい下顎角を形成できます

手術データ

 施術時間 2~3時間
 麻酔 全身麻酔
 痛みの度合い レベル3
 ダウンタイム 夜間ギブス固定:平均1週間腫れのおさまり:3mo(下記へ)
 メイク お化粧は可能です。
 シャワー 体が温まり過ぎない程度に可能
 食事 翌日の診察後から

◇腫れのおさまりについて
術後3日ごろがピークでその後徐々に引いてゆき2週間程度で手術による腫れは消失します。その後、むくみは残り3ヶ月程度で落ち着きます。

▲ページ上部へ

  1. 東京の美容整形・美容外科「マックスファクス銀座クリニック」TOP
  2. 診療案内
  3. エラの施術