スマートフォン版を表示

エラ削りの施術についてのご案内

  • サイトマップ
  • 0120-066-426
  • メール相談
  • 予約フォーム
  • 0120-066-426
  • メール相談
  • 予約フォーム

エラ削り

正面や横からの出っ張り、腫れぼったさが気になる方

エラ削りについて

特殊プレートの使用により左右差のない正確な骨切り術

 横顔における下顎角(ゴニオンアングル)は120°~130°が美しいといわれています。
 エラの張っている人はゴニオンアングルが120°以下の場合が多く、この角度が90°に近づくと正面顏は四角顔になり、横顔もおおきくなります。

ゴニオンアングル

 当院では下顎の輪郭を自然なラインとするために、ゴニオンアングルを120°~130°に整えるとともにエラから前方のオトガイに近い部分まで骨きりして、美しい下顎を形成します(下顎角形成術)。

 下顎角の骨切りは口内法でアプローチすると視野が悪く、特にエラの後縁はほとんど見えません。
 図Aのような後方に張り出したエラの形態を理想的な形態に仕上げるには図Bのようにエラの後縁を正確に切り取らなくてはなりませんが非常に困難です。したがって ほとんどの美容外科では図C、Dのように下顎枝の後縁の骨切りはしていません。当院は実寸大の下顎模型上で作成した金属製のガイドプレートを使用して図Bのように下顎枝の後縁まで骨切りして自然で美しいエラのラインに仕上げます。

当院のエラ削り

 正面顏において下顎の幅を小さくされたい場合は 、下顎角形成術だけでは十分な小顔効果は得られません。正面顏で下顔面を小さくしたい場合は下顎角形成術に加えて下顎骨外板切除術をおこないます。

当院のエラ削り

  • 【A.正面】
  • 【下顎角形成術】
  • 【下顎角形成術+外板切除術】

エラ削りの手術方法

下顎角形成術(アングルプラスティ)


[1]大臼歯外側の頬粘膜に5㎝程度切開します。
切開します
[2]骨膜剥離子で下顎角の骨面を露出させます。
骨面を露出させます
[3]下顎骨に患者様の三次元模型上で作成した金属製のガイドプレートを装着します。
装着します
[4]金属のガイドに沿ってオシレーティングソーで下顎角から下顎縁の前方まで骨切りします。
骨切りします
[5]ガイドを外し、オトガイ部からエラにかけて下顎縁の段差をEZ-カンターで削りとります。患者様の模型上で作成したガイドを使用することで左右対象で美しい下顎角を形成できます。
美しい下顎角を形成できます

下顎角形成術(EZカンター法)


[1]オトガイ下の皮膚を1㎝程度の切開します。
切開します
[2]EZカンター専用の剥離子で削る範囲の骨膜を剥離していきます。
骨面を露出させます
[3]EZカンターファイルで下顎角からオトガイ付近までの下顎骨を削ります。EZカウンターには骨を削りながら骨削面を洗浄し、削った骨を吸い取る機能が備わっています。オトガイ下の皮膚に1㎝程度の傷跡が残りますが注意してみないとわからないくらいになります。
美しい下顎角を形成できます

下顎骨外板切除術


[1]大臼歯外側の頬粘膜に5㎝程度切開します。
切開します
[2]骨膜剥離子で骨面を露出させます。
骨面を露出させます
[3]電動のヤスリで車線の部分の外側骨皮質を削り落とし、サジタルソーで囲み部分の下顎骨外側の骨皮質をスライスします。
美しい下顎角を形成できます
[4]電動のヤスリで段差を修正します。
美しい下顎角を形成できます

エラ削りの整形手術データ

 施術時間 2~3時間
 麻酔 全身麻酔
 痛みの度合い レベル3
 ダウンタイム 夜間ギブス固定:平均1週間腫れのおさまり:3mo(下記へ)
 メイク お化粧は可能です。
 シャワー 体が温まり過ぎない程度に可能
 食事 翌日の診察後から

◇腫れのおさまりについて
術後3日ごろがピークでその後徐々に引いてゆき2週間程度で手術による腫れは消失します。その後、むくみは残り3ヶ月程度で落ち着きます。

エラ削りの特徴

  • EZカンター法
  • 口腔内法
  • ◆ EZカンター法
    ○ダウンタイムが早い。
    ○剥離面が小さいので腫れが少ない。
  • ◆ 口腔内法
    ○顔の表面に傷が残らない。
    ○独自のプレートにより左右差の
    出ない骨切りが可能。

 EZカンター法はオトガイ下に若干(1㎝程度)の傷跡がのこりますが、口腔内に切開を加えないため術後感染のリスクが低く、削る範囲の骨膜しか剥離しないため術後の腫れが比較的少ないという利点があります。
 一方、口内法ではお顔の表面に傷跡は残りません。また患者様の模型上で作成したガイドを使用し、直接下顎骨を見ながら手術を行えるため左右差の少ない、小さく美しい輪郭を形成できます。
 下顎骨外板切除術においては下歯槽神経への障害が起きないように術前に患者様の3DCTと骨模型で神経の位置を確認し、模擬手術を行って手術の安全性を確認いたします。

エラ削りのよくある質問

顔の表面に傷は残りますか?
 通常の下顎角形成(エラ削り)は全て口腔内からアプローチしますので傷跡は残りません。
 EZカンター法のみアゴ下に1cm未満の小さな傷跡が残ります。
エラ削りで骨の切ったところは、切りっぱなしだからガタガタですか?
 骨を切ったところは特殊な骨切り用のヤスリでスムースにならします。また、時間の経過により細かな凹凸は埋まります。
整形でエラを削り過ぎました。元に戻したいです。
 削りすぎたエラを元に戻すには人工骨でインプラントを作成しなくてはなりません。エラ削りをするときにCTを撮影していたのであれば元のエラの形はほぼ完璧に再現できます。ただし人工骨は歳をとるとご自分の骨と形が合わなくなる可能性があります。
外から見てアウトラインがカクカクしてエラを削ったのが丸わかりな感じは嫌です。
 当院は3D骨模型や模型上で形成した特殊なチタンプレートのガイドラインを駆使しデザインには細心の注意を払っています。
 いわゆるダブルノッチというエラの角か二つできる不自然なデザインや切断面がガタガタになるようなことはありません。
バッファルカットを一緒に切除したいです。
 同時に施術可能です。
エラボトックスだけでなんとかエラの張りは解消されませんか?
 エラが張っている人のほとんどの方が咬筋という筋肉も発達しています。エラの骨の外側への張り出しが少ない人はエラボトックスだけでもかなりエラは目立たなくなります。
 エラの骨の外側への張り出しが大きな場合はボトックスを撃ちすぎると骨の飛び出しが強調されるようになり、頬がこけて見えるようになりますので注意が必要です。
SSROとエラ削りを併用できますか?
 アゴの突出や後退がある場合は可能です。SSROにより下顎枝が内側に移動します。さらに下顎形成(エラ削り)や外板切除を行うことで下顎のボリュームを大幅に小さくすることができます。SSROと外板切除は同時に行うことはできません。SSROの経過を追い、骨がくっついた段階で外板切除を行います。
もっとエラをなくしたいのに、どうしてこれ以上無理なんですか?
 下アゴには下歯槽神経という太い神経が走っていて、それを傷つけると痺れや感覚がないなど様々な問題が発生します。そのため、下歯槽神経が走行するラインをまたいだエラ削りは本来できません。 模型や3DCTで、神経の位置を確認してながら安全に施術を行っています。
 ご希望の場合は、ギリギリのラインで骨切りを行うか、神経移動術で下歯槽神経を移動させて任意のラインで骨きりを行います。神経移動術は、別途料金が発生します。
神経の位置のせいで、左右のエラがシンメトリーにならないかも。
 下歯槽神経の走向が左右非対称な方で、理想とする位置で下顎角形成をすると、(左右のどちらか)下歯槽神経に及んでしまうことがあります。その場合、片方だけ神経を避けるように骨切りをすると、エラのアウトラインが左右で違ってアンバランスになります。そうならないように、左右どちらも下歯槽に及ばないラインを再検討します。
 もしくは、下歯槽神経に及んでしまう方を神経移動術で移動させてエラ骨切りを行うと理想の位置で骨切りが可能となります。
エラが左右非対称です。エラ削りで治りますか?
 エラの左右を非対称を治す方法は、その原因によって異なります。エラの大きさや、形に左右差があり、小さなエラに合わしたい場合は大きなエラを反対側のエラに合わせて削ります。大きなエラに合わしたいときは小さなエラを大きくしなくてはならないので、下顎枝外板移動術や人工骨でインプラントを作成して装着する必要があります。
 また下顎骨自体が左右対称であっても下顎骨の位置が脳頭蓋や上顎骨に対して左右に隔たっていると左右のエラは非対称に見えます。その場合でもエラを削ったり、インプラントをすることでエラの非対称をある程度改善できますが、下顎骨の位置をSSROなどで正しい位置にした方がより自然な形になります。

施術の流れ

施術の流れ

輪郭整形、骨格形成、目もと、鼻、耳などの各美容施術のご予約~カウンセリング~手術~術後検診までの流れをご説明致します。

料金表

施術料金

施術項目 金額 (消費税別)
下顎角形成術 ¥980,000
下顎角形成術(イージーカンター) ¥600,000
下顎角(外板切除) ¥620,000
☆IVRO ¥880,000

☆が付いている施術は状態によって、健康保険適応となる場合があります。価格は自費診療の場合です。

複合手術

施術項目 金額 (消費税別)
下顎角形成術+下顎角形成術(外板切除) ¥1,200,000
下顎角形成術+オトガイ形成術 ¥1,440,000
下顎角形成術+ボツリヌストキシン ¥1,120,000
下顎角形成術+バッカルファット減量術(両側) ¥1,240,000

初診料 / 術前検査料

初診料

ドクターカウンセリング 実際に施術をするドクターが、
時間をかけて丁寧にカウンセリング致します。
無料

検査料

検査項目 ※手術や処置内容によって必要な検査は異なります。 金額 (消費税別)
術前血液検査 ¥5,000
CT ¥30,000
胸部X線・心電図 ¥10,000
頭部3D骨モデル上顎 ¥55,000
頸部3D骨モデル下顎 ¥40,000
頭部3Dモデル上下顎分離 ¥70,000
歯列模型制作費(上下) ¥10,000

麻酔

麻酔項目 ※手術や処置内容によって麻酔の適用は異なります。 金額 (消費税別)
全身麻酔 (3時間まで) ¥150,000
静脈麻酔 (2時間まで) ¥90,000
硬膜外麻酔 ¥100,000

お支払い方法

現金でのお支払いおよび、患者さまのご都合に合わせて銀行振込、医療ローン・各種クレジットカード・デビットカードがご利用頂けます。

現金支払い
銀行振込
クレジットカード

提携クレジット会社は、VISA、マスター、アメックス、JCB、UC、ダイナース、
ディスカバー、PayPal、銀連となります。

クレジットカード
デビットカード

日本デビットカード推進協議会 ( J-Debit ) に加盟しておりますので
デビットカードでのお支払いが可能です。

デビットカード
医療ローン

当院では、銀行が提供する医療ローンをご利用頂けます。
お申し込み、ならびに審査については、お気軽にお問い合わせ下さい。

▲ページ上部へ