スマートフォン版を表示
  • サイトマップ
  • 0120-066-426
  • メール相談
  • 予約フォーム
  • 0120-066-426
  • メール相談
  • 予約フォーム

涙袋形成

優しい目元、目を大きく見せたい方は、左右差のない自然な涙袋で

涙袋形成の施術について

腫れや痛みの少ない極細針の注入で、ふっくらとした涙袋形成

 涙袋は、下まつ毛の際にある眼輪筋によって形づくられる、ふっくらとした盛り上がりです。笑った時などにその高まりが強調されるため、涙袋の存在により、いつも微笑んでいるような印象を与えることができ、優しい目元となり、目を大きく見せます。また、表情を若々しく見せる効果もあり、加齢対策にもなります。涙袋の形成方法は、ヒアルロン酸を下まつげの下部に、少しずつ注入して行います。麻酔テープを貼り、極細の針を使用しますので、痛みや違和感は軽減されます。手術直後は赤みが残ることがありますが、すぐにメイクをすることができるので、目立つことはありません。
 注入されたヒアルロン酸は、半年~1年間(個人差あり)、効果が保持されます。また、目元においては、その期間が特に長くなるとされており、頻繁に注入する必要はありません。
 また、万が一術後に涙袋が大きすぎ、その膨らみ具合に納得が行かない場合は、ヒアルロン酸分解酵素を注入することにより、分解を促し、溶解させることができます。その場合でも、10日の期間を空ければ、再び注入をすることができます。このようなことから、比較的気軽にお試し頂ける処置です。この処置は以下の様な方へお勧めいたします。

  • 優しく可愛らしい目元を涙袋で形成したい方
  • 涙袋のボリュームを増したい方
  • 若々しい表情をつくりたい方
  • 目元を大きくしたい方
  • 目の下の隈やたるみをとり涙堂をはっきりさせたい方

手術の方法

涙袋形成の手術


[1]カウンセリングにてデザインと注入量を決定します。
注入量を決定します
[2]表面麻酔を施し、下まつげの下部へ均等にヒアルロン酸注入します。同時に左右差が出ないよう注入量を調整します。
注入量を調整します
[3]当院で使用するヒアルロン酸は厚生労働省に承認された
ジュビダームビスタ® ウルトラ プラスXCです。
ヒアルロン酸を使用
[4]ふっくら優しい印象の涙袋が完成
涙袋が完成

手術データ

ヒアルロン酸

 施術時間 手術時間 おおよそ15min
 麻酔
 痛みの度合い レベル1
 ダウンタイム 腫れの治まり:約3日~1週間(個人差あり)
 メイク 当日より可能
 シャワー 当日より可能
 通院 なし

▲ページ上部へ

  1. 東京の美容整形・美容外科「マックスファクス銀座クリニック」TOP
  2. 診療案内
  3. 涙袋形成