スマートフォン版を表示

美容外科 マックスファクス銀座クリニックの斜鼻(鼻の曲がりや歪み)の施術についてのご案内

  • サイトマップ
  • 0120-066-426
  • メール相談
  • 予約フォーム
  • 0120-066-426
  • メール相談
  • 予約フォーム

斜鼻(鼻の曲がりや歪み)

斜鼻や鼻の湾曲にお悩みの方、鼻全体を適切な位置に移動させます。

斜鼻修正について

鼻の変形タイプを特定し、症状に応じた適切な施術方法を提案します。

 外傷や鼻腔の炎症あるいは鼻の手術後に鼻の構造を支えている組織(鼻骨、鼻中隔、外側鼻軟骨、鼻翼軟骨)の形が崩れて鼻が曲がってしまっている状態です。軽度の斜鼻であれば鼻プロテーゼやヒアルロン酸、レデイエッセ®で隆鼻を行う際に修正が可能な場合も有りますが、それ以外の場合は鼻骨内側外側骨きり術をおこない鼻の曲がりを修正します。
 大きく分類するとStraight (ストレート型), C shape (C型), S shape (S型)の3つに分けられます。

斜鼻修正について

 ストレート型の場合は鼻骨内側外側骨きり術で鼻骨とともに外側鼻軟骨・鼻中隔複合体も含めて移動修正可能ですが、C型やS型では外側鼻軟骨が鼻骨の下に入り込んでいることがあるため外側鼻軟骨を鼻骨から剥離して引き出して形を整えます。鼻尖縮小や鼻中隔延長術後の鼻尖の曲がりを修正する場合ですが、すでに何度も修正術を受けられている方は修正が不可能な場合があります。
 既往歴を慎重に確認して斜鼻の原因を確かめて、適切な方法で施術いたします。

手術の方法

鼻骨骨切り術(斜鼻修正)


[1]鼻骨骨切りのラインをマーキングします。
鼻骨骨切りのラインをマーキング
[2]鼻の中を一部切開し、外側鼻軟骨にそって皮膚を剥離し鼻骨の前端に達したらマーキング骨膜を切開し、骨膜剥離子で内側骨切り線上の骨膜を剥離します。外側鼻軟骨が鼻骨の下側に入り込んでいる場合、鼻骨と外側鼻軟骨の癒着部も丁寧に剥離します。
癒着部も丁寧に剥離
[3]ガード付きノミで鼻骨内側を骨切りします。
鼻骨内側を骨切り
[4]外側骨切りをするためにもう一つ鼻の粘膜に切開を加え外側骨切り線上の骨膜を丁寧に剥離し、ソノペット®で骨切り線に溝をつけます。その後専用のノミで鼻骨の外側を骨切りします。
鼻骨の外側を骨切り
[5]骨整復鉗子で左右の鼻骨骨片を移動させます。
鼻骨骨片を移動
[6]テーピングをして鼻ギブスを装着し終了です。ギブスは一週間装着します。
ギブスは一週間装着

手術データ

 施術時間 手術時間 おおよそ90分〜
 麻酔 全身麻酔
 痛みの度合い レベル2
 ダウンタイム 固定:平均1週間腫れのおさまり:平均1ヶ月
 メイク 当日より可能(鼻周り1週間後)
 シャワー 当日より可能(傷口濡らさない程度)
 通院 2回

▲ページ上部へ

  1. 斜鼻(鼻の曲がりや歪み)