スマートフォン版を表示
  • サイトマップ
  • 0120-066-426
  • メール相談
  • 予約フォーム
  • 0120-066-426
  • メール相談
  • 予約フォーム

口元突出の改善

口元全体が前に出ているお悩みの方、唇が厚ぼったい方

口元突出(口の出っ張り)の改善

Wassmund&Köle法、Lefort-1&SSRO、矯正治療の中から適切な術法を

 口元全体が突出している、いわゆる上下顎前突ですが、特に上下顎前歯部(左右の犬歯間)が正常な位置より前方に突出している状態です。特徴として上下の歯列が前後に長く、上下顎前歯の噛み合う角度が狭い傾向にあります。また開咬といって噛み合わせた時に上下の前歯に隙間ができている場合もあります。上下の唇が上下の前歯で前方に押し出されているため唇が厚く見え、唇をとじづらい場合もあります。特に上唇が短い場合はガミースマイル(笑った時に歯茎がたくさん見える状態)になる傾向があります。矯正歯科治療あるいは上下顎分節骨切り術により上下顎前歯部を後方に移動させて口元全体をオトガイや鼻と調和のとれた位置に矯正します。

 ※上顎骨が上下に長くガミースマイルの傾向が強い方の場合はルフォーⅠ型骨切り術(Le Fort type 1 osteotomy)と下顎後退術(SSRO, IVRO)が適応となる場合があります。

Wassmund&Köle法、Lefort-1&SSRO、矯正治療

手術の方法

Wassmund法

主に上顎の前歯部(左右の犬歯間)を後方移動(セットバック)させるための代表的な術式の一つで、前歯部の傾斜角を変えたりすることもできます。術野が口腔前方部ですので手術操作が容易で臼歯部(奥歯)の噛み合わせが変わらないため、一般的に美容外科で用いられることの多い術式ですが、ルフォーⅠ型骨切り術(Le Fort type 1 osteotomy)のように上顎全体を前後左右上下に移動させることはできません。


[1]左右の第一小臼歯を抜歯します。
抜歯します
[2]左右の第二小臼歯部と前鼻棘部の粘膜を切開し、骨切りする部位の粘膜を剥離します。
粘膜を剥離します
[3]術前に設計した部分の骨をサジタルソー、レシプロソーなどをもちいて切除します。
切除します
[4]上顎前歯部骨片を後方に移動し、チタンプレートを用いて術前に設定した位置で固定します。補強固定のため左右の犬歯と第二小臼歯をワイヤーで結紮します。
術前に精密骨模型上で適合させたチタンプレートとプラスティックシーネを装着することで正確な位置で固定できます。
正確な位置で固定できます

Köle法

下顎前歯部(左右の犬歯間)を下顎骨体から切り離して後方移動(セットバック)、前方移動、挙上、低下させることのできる施術です。Wassmund法と同様に術式が容易で臼歯部(奥歯)の噛み合わせが変わらないため一般的に美容外科で用いられることの多い施術ですが、SSROやIVROのように下顎全体を移動させることはできません。


[1]左右の第一小臼歯を抜歯します。
抜歯します
[2]左右の犬歯と前歯部の粘膜を切開し、骨切りする部位の粘膜を剥離します。
粘膜を剥離します
[3]術前に設計した部分の骨をサジタルソー、レシプロソーなどをもちいて切除します。オトガイ神経の近くはソノペットという超音波切削器具で神経に影響が出ないように慎重に骨切除をおこないます。
慎重に骨切除をおこないます"
[4]下顎前歯部骨片を後方に移動し、チタンプレートを用いて術前に設定した位置で固定します。
補強固定のため左右の犬歯と第二小臼歯をワイヤーで結紮します。 上顎と同様に術前に精密骨模型上で適合させたチタンプレートとプラスティックシーネを装着することで正確な位置で固定できます。
正確な位置で固定できます

矯正歯科治療

手術をするのは怖いけど口元を整えたいという方におすすめです。
歯に矯正用ブラケットを介して矯正用ワイヤーを装着し少しずつ歯を移動させて口元突出を改善する方法です。手術とことなり一期に口元を整えることはできませんが、上下顎前歯部を後方に移動させつつ全体的に歯並びを美しく整えることができます。また手術の腫れによるダウンタイムがありません。
歯並びや歯の大きさにもよりますが通常上下の第一小臼歯を抜歯して歯を並べる隙間を作り前歯部を後方に移動させながら歯並びも整えてます。口を開けた時に矯正装置が目立たないようにホワイトワイヤーや透明ブラケットを使用します。症例によっては装置を歯の裏側に装着することもできます。※矯正装置を装着した後は月に一回程度の通院調整が必要となります。


[1]左右の第一小臼歯を抜歯します。
抜歯します
[2]輪ゴムや小さなスプリンングで前歯部の歯並びを整えつつ後方に後方に引き下げます。平均して1年くらいで移動が完了します。その後、透明なマウスピースのような固定装置を移動期間と同期間はめておき治療が完了します。
治療が完了します

手術データ

 施術時間 4時間
 麻酔 全身麻酔
 痛みの度合い レベル3
 ダウンタイム 夜間ギブス固定:平均1週間腫れのおさまり:3mo(下記へ)
 メイク お化粧は可能です。
 シャワー 体が温まり過ぎない程度に可能
 食事 翌日の診察後から

◇腫れのおさまりについて
術後3日ごろがピークでその後徐々に引いてゆき2週間程度で手術による腫れは消失します。その後、むくみは残り3ヶ月程度で落ち着きます。

▲ページ上部へ

  1. 東京の美容整形・美容外科「マックスファクス銀座クリニック」TOP
  2. 診療案内
  3. 口元突出の改善