スマートフォン版を表示
  • サイトマップ
  • 0120-066-426
  • メール相談
  • 予約フォーム
  • 0120-066-426
  • メール相談
  • 予約フォーム

出っ歯

上アゴの突出、出っ歯でお悩みの方、矯正治療より早く治したい場合

出っ歯(上顎前突、バードフェイス)改善の施術について

Wassmund&Lefort-1、SSRO、矯正治療の中から適切な術法を

 出っ歯は上顎の前歯が突出している状態をいいますが、必ずしも上顎の前歯が原因とはかぎりません。原因をおおきく二つに分けると上顎の歯や上顎骨自体が突出している場合と下顎が全体的に小さく上顎の前歯が出ているように見える場合があります。
 上顎の歯が出ているときは矯正歯科あるいは上顎骨分節骨切り術で上顎の前歯部(左右の犬歯間)を後方移動(セットバック)させたり、前歯部の傾斜角を変えたりして出っ歯を修正します。
 上顎骨が全体的に前方に突出している場合はLe Fort type 1 osteotomy(ルフォーⅠ型骨切り術)で上顎を全体的に後退させますが、噛み合わせが変わりますので咬合調整(歯を削って噛み合わせを調整する方法)や術後に矯正歯科治療が必要になる場合がございます。
 一方、下顎が全体的に小さく、上顎が出っ歯に見える場合は下顎枝矢状分割法で下顎を前方に移動させて出っ歯を改善します。この場合も噛み合わせが変わりますので咬合調整や術後に矯正歯科治療が必要になる場合がございます。

  • 出っ歯に見える(下あごが小さい)
    出っ歯に見える(下あごが小さい)
  • 出っ歯(前歯部のみ)
    出っ歯(前歯部のみ)
  • 出っ歯(上顎全体の突出)
    出っ歯(上顎全体の突出)

手術の方法

Wassmund法

主に上顎の前歯部(左右の犬歯間)を後方移動(セットバック)させるための代表的な術式の一つで、前歯部の傾斜角を変えたりすることもできます。術野が口腔前方部ですので手術操作が容易で臼歯部(奥歯)の噛み合わせが変わらないため、一般的に美容外科で用いられることの多い術式ですが、ルフォーⅠ型骨切り術(Le Fort type 1 osteotomy)のように上顎全体を前後左右上下に移動させることはできません。


[1]左右の第一小臼歯を抜歯します。
抜歯します
[2]左右の第二小臼歯部と前鼻棘部の粘膜を切開し、骨切りする部位の粘膜を剥離します。 
骨切りします
[3]術前に設計した部分の骨をサジタルソー、レシプロソーなどをもちいて切除します。
筋肉を除去します
[4]上顎前歯部骨片を後方に移動し、チタンプレートを用いて術前に設定した位置で固定します。補強固定のため左右の犬歯と第二小臼歯をワイヤーで結紮します。
術前に精密骨模型上で適合させたチタンプレートとプラスティックシーネを装着することで正確な位置で固定できます。
移動させて固定します

矯正歯科治療

手術をするのは怖いけど出っ歯を治したいという方におすすめです。
歯に矯正用ブラケットを介して矯正用ワイヤーを装着し少しずつ歯を移動させて出っ歯を改善する方法です。手術とことなり一期に出っ歯を治すことはできませんが、上下顎前歯部を後方に移動させつつ全体的に歯並びを美しく整えることができます。また手術の腫れによるダウンタイムがありません。
歯並びや歯の大きさにもよりますが通常上顎の第一小臼歯を抜歯して歯を並べる隙間を作り前歯部を後方に移動させながら歯並びも整えてます。口を開けた時に矯正装置が目立たないようにホワイトワイヤーや透明ブラケットを使用します。症例によっては装置を歯の裏側に装着することもできます。※矯正装置を装着した後は月に一回程度の通院調整が必要となります。


[1]左右の第一小臼歯を抜歯します。
抜歯します
[2]輪ゴムや小さなスプリンングで前歯部の歯並びを整えつつ後方に後方に引き下げます。平均して1年くらいで移動が完了します。その後、透明なマウスピースのような固定装置を移動期間と同期間はめておき治療が完了します。
骨辺をプレートで固定します

Le Fort type1 osteotomy (ルフォーⅠ型骨切り術)

ルフォーⅠ型骨切り術は上顎をあらゆる方向に移動可能な術式ですが、その移動量には解剖学的、生理学的に限界があり、また個体差があります。たとえば上顎骨を上方に移動すると鼻腔は狭くなりますので上げすぎると鼻で息がしずらくなります。また後方へ移動すると気道が狭くなりますので、後方へ移動しすぎるとやはり鼻で息がしずらくなったり、いびきの原因になります。このような生理学的機能を考慮した上で移動する量を決めます。


[1]上顎の上唇と歯肉の境目付近を切開します。
切開を加えます
[2]骨切りする範囲の上顎骨を露出させ図のようにサジタルサーとレシプロソーで骨切りします。 
骨切りします
[3]フリーになった上顎骨を術前に設定した位置に特殊な装置で位置決めします。
筋肉を除去します
[4]チタンプレートで固定します。
移動させて固定します

SSRO(下顎枝矢状分割骨切り)

下顎枝を矢状方向に分割して下顎を前進させます。下顎を左右上下に自由に移動させることができ、分割した骨片同士の接触面積が広く骨の治癒に有利ですが、その術式が難しく、また下歯槽神経が下顎骨の外側にある場合、この神経を傷つける可能性が高いことが欠点とされてきました。現在は3DCTや精密な骨模型で下歯槽神経管(下歯槽神経の通っている下顎骨の中の管)の位置を特定し、術前に模擬手術をして確認できますので下歯槽神経損傷の危険はほぼ避けられるようになりました。


[1]大臼歯外側の頬粘膜に5㎝程度切開します。
切開を加えます
[2]骨膜剥離子で粘膜筋骨膜弁を剥離して下顎枝外側と内側の骨を露出させた後、下顎枝内側の骨皮質だけを水平に骨切りします。
骨切りします
[3]サジタルソーで矢状方向に内側骨皮質と外側骨皮質を下歯槽神経を避けるように外側の骨皮質に沿って骨切りします。薄刃の骨のみで外側と内側骨片を分割します。  
筋肉を除去します
[4]下顎を前進させて術前に計画した位置でチタンプレートを用いて固定します。
移動させて固定します

手術データ

 施術時間 3時間
 麻酔 全身麻酔
 痛みの度合い レベル3
 ダウンタイム 夜間ギブス固定:平均1週間腫れのおさまり:3mo(下記へ)
 メイク お化粧は可能です。
 シャワー 体が温まり過ぎない程度に可能
 食事 翌日の診察後から

◇腫れのおさまりについて 術後3日ごろがピークでその後徐々に引いてゆき2週間程度で手術による腫れは消失します。その後、むくみは残り3ヶ月程度で落ち着きます。

▲ページ上部へ

  1. 東京の美容整形・美容外科「マックスファクス銀座クリニック」TOP
  2. 診療案内
  3. 出っ歯