スマートフォン版を表示
  • サイトマップ
  • 0120-066-426
  • メール相談
  • 予約フォーム
  • 0120-066-426
  • メール相談
  • 予約フォーム

ガミースマイル

笑うと歯ぐきが露出する方、歯茎が前に出る方、歯が小さく歯肉目立つ方

ガミースマイルについて

ガミースマイル(歯茎が出る、歯が小さい、口元のふくらみ)の原因を特定して、タイプに合わせた適切な施術を行います。

 笑うと上顎前歯部の歯茎がたくさん見えてしまう状態で、諸説ありますが、一般的には3mm以上歯茎が見える場合はガミースマイルと言われています。おもな原因は上唇の長さと上顎前歯部の長さのアンバランスにありますが大きく分類すると3つのグルーブに分類されます。

ガミースマイルについて1

1. 上唇の長さ(鼻下長)が短く、口元の力を抜くと常に上顎前歯が見えているような場合

 上顎骨の垂直的長さにたいして鼻下長が短い場合、あるいは鼻下長に対して上顎骨の長さが長い場合に笑うと歯茎がたくさん見えてしまうタイブです。
 このようなタイプで可動粘膜縮小術を行うと上唇の動きが悪くなり、しゃべりずらくなったりすることがあります。その場合はLe Fort 1型骨切り術で上顎骨の長さを短縮し上唇の長さのバランスを改善することができます。通常、上顎骨を3mm以上上方に移動させなくてはならないのでSSROで下顎も上顎とともに上方に移動させますので小顔効果も得られます。

 

ガミースマイルについて2

2. 上顎前歯部が歯槽骨を含めて前方へ突出している場合。

 大きく笑うと上唇が上方にめくれ上がって歯茎がたくさん見えてしまうタイブです。
 可動粘膜縮小術である程度はガミースマイルを改善することができますが、基本的には突出した上顎骨前歯部を歯槽骨を含めて後方に移動させる必要があります。矯正歯科治療あるいはWassmund法(上顎前歯部後方移動術)が適応となります。

 

ガミースマイルについて3

3. 上唇の長さ(鼻下長)が長く、上顎骨の垂直的長さが長い場合。

 可動粘膜縮小術でガミースマイルを改善することができます。Le Fort 1型骨切り術で上顎骨の長さを短縮してガミースマイルを直すことも可能ですが、その場合、鼻下長短縮術を併用しなくてはならない場合もあります。

 

ガミースマイルについて4

4. 上唇の長さ(鼻下長)が長く、上顎前歯部が歯槽骨を含めて前方へ突出し、さらに上顎骨の垂直的長さが長い場合。

 上唇の可動粘膜縮小術ではガミースマイルの改善をすることが難しいケースです。上唇の可動粘膜を縮小しすぎると上唇の動きが過度に制限されるためにしゃべりずらくなることもあるからです。
 このような場合はLe Fort 1型骨切り術で上顎骨の長さを短縮するとともに後方に移動させてガミースマイルをなおすことができます。通常、上顎骨を上方と後方に移動させなくてはならないのでSSROで下顎も上顎とともに移動させますので小顔効果も得られます。症例によっては矯正治療あるいはWassmund法(上顎前歯部後方移動術)が必要となる時があります。

 

ガミースマイルについて5

5.上顎前歯部の歯肉が歯を覆い過ぎている場合。

 歯に覆いかぶさっている歯茎を切除(歯肉切除術)することでガミースマイルを改善できます。切除した部位の歯茎は2週間程度で治癒してきれいな歯茎になります。

手術の方法

可動粘膜縮小術

上唇の粘膜は歯肉に近い部分は付着粘膜といってあまり動かない部分があります。一方上唇の粘膜にはよく動く可動粘膜とよばれる部分があり、この粘膜の一部を切り取り付着粘膜に上唇粘膜を縫い付けます。そうすることによって笑ったときに上唇が上方に移動するのを防ぎます。可動粘膜を切り取りすぎると上唇の動きが悪くなり喋りづらくなったり、楽器を吹くのがむつかしくなったりしますので切り取りすぎないようにすることが大切です。


[1]可動粘膜の一部切除します。
可動粘膜の一部切除
[2]可動粘膜の断端をひきよせて付着歯肉に縫い付けます。
付着歯肉に縫い付けます

矯正歯科治療

症例により手術以外でガミースマイルを治療できる場合があります。
歯に矯正用ブラケットを介して矯正用ワイヤーを装着し少しずつ歯を移動させて出っ歯を改善する方法です。手術とことなり一期に出っ歯を治すことはできませんが、上下顎前歯部を後方に移動させつつ全体的に歯並びを美しく整えることができます。また手術の腫れによるダウンタイムがありません。
歯並びや歯の大きさにもよりますが通常上顎の第一小臼歯を抜歯して歯を並べる隙間を作り前歯部を後方に移動させながら歯並びも整えてます。口を開けた時に矯正装置が目立たないようにホワイトワイヤーや透明ブラケットを使用します。症例によっては装置を歯の裏側に装着することもできます。※矯正装置を装着した後は月に一回程度の通院調整が必要となります。


[1]左右の第一小臼歯を抜歯します。
第一小臼歯を抜歯します
[2]輪ゴムや小さなスプリンングで前歯部の歯並びを整えつつ後方に後方に引き下げます。平均して1年くらいで移動が完了します。その後、透明なマウスピースのような固定装置を移動期間と同期間はめておき治療が完了します。
治療が完了します

Le Fort type1 osteotomy (ルフォーⅠ型骨切り術)

ルフォーⅠ型骨切り術は上顎をあらゆる方向に移動可能な術式ですが、その移動量には解剖学的、生理学的に限界があり、また個体差があります。たとえば上顎骨を上方に移動すると鼻腔は狭くなりますので上げすぎると鼻で息がしずらくなります。また後方へ移動すると気道が狭くなりますので、後方へ移動しすぎるとやはり鼻で息がしずらくなったり、いびきの原因になります。このような生理学的機能を考慮した上で移動する量を決めます。


[1]上顎の上唇と歯肉の境目付近を切開します。
境目付近を切開
[2]骨切りする範囲の上顎骨を露出させ図のようにサジタルサーとレシプロソーで骨切りします。
上顎骨を露出させ骨切りします
[3]フリーになった上顎骨を術前に設定した位置に特殊な装置で位置決めします。
特殊な装置で位置決めします
[4]チタンプレートで固定します。
チタンプレートで固定

Wassmund法

主に上顎の前歯部(左右の犬歯間)を後方移動(セットバック)させるための代表的な術式の一つで、前歯部の傾斜角を変えたりすることもできます。術野が口腔前方部ですので手術操作が容易で臼歯部(奥歯)の噛み合わせが変わらないため、一般的に美容外科で用いられることの多い術式ですが、ルフォーⅠ型骨切り術(Le Fort type 1 osteotomy)のように上顎全体を前後左右上下に移動させることはできません。


[1]左右の第一小臼歯を抜歯します。
第一小臼歯を抜歯
[2]左右の第二小臼歯部と前鼻棘部の粘膜を切開し、骨切りする部位の粘膜を剥離します。
粘膜を剥離します
[3]術前に設計した部分の骨をサジタルソー、レシプロソーなどをもちいて切除します。
骨を切除します
[4]上顎前歯部骨片を後方に移動し、チタンプレートを用いて術前に設定した位置で固定します。補強固定のため左右の犬歯と第二小臼歯をワイヤーで結紮します。
術前に精密骨模型上で適合させたチタンプレートとプラスティックシーネを装着することで正確な位置で固定できます。
チタンプレートを用いて術前に設定した位置で固定

手術データ

Lefort-1型骨切り術

 施術時間 6時間
 麻酔 全身麻酔
 痛みの度合い レベル3
 ダウンタイム 夜間ギブス固定:平均1週間腫れのおさまり:3mo(下記へ)
 メイク お化粧は可能です。
 シャワー 体が温まり過ぎない程度に可能
 食事 翌日の診察後から

◇腫れのおさまりについて
術後3日ごろがピークでその後徐々に引いてゆき2週間程度で手術による腫れは消失します。その後、むくみは残り3ヶ月程度で落ち着きます。

Wussmund法

 施術時間 2時間
 麻酔 全身麻酔
 痛みの度合い レベル2
 ダウンタイム 夜間ギブス固定:平均1週間腫れのおさまり:1mo
 メイク お化粧は可能です。
 シャワー 体が温まり過ぎない程度に可能
 食事 翌日の診察後から

▲ページ上部へ

  1. ガミースマイル