スマートフォン版を表示
  • サイトマップ
  • 0120-066-426
  • メール相談
  • 予約フォーム
  • 0120-066-426
  • メール相談
  • 予約フォーム

アゴを出す

アゴがない、小さい方、オトガイ筋の緊張(アゴにできる凹凸)を改善

アゴを短縮したり細くする、アゴ削りの方法

独自の骨切り術で輪郭とバランスのとれた、すっきりとしたアゴを形成

 アゴだけが短く引っ込んで見える状態は、必ずしもアゴ(オトガイ)が短いことが原因ではありません。オトガイ(下顎の先端部)の発育がわるくアゴが引っ込んで見える場合と下顎骨全体の発育が悪くアゴが引っ込んで見える場合がありますが、噛み合わせを見ると簡単に両者を見分けることができます。オトガイの発育だけが悪い場合は上下の歯を咬み合わせた時に上下の前歯の間に大きな隙間はできません(A)が、下顎骨全体の発育が悪い場合は上下の前歯に大きな隙間ができます(B)。また両者が組み合わさっている場合もあります(A+B)。

 オトガイの発育が悪い場合は骨格に沿った医療用シリコンインプラントを骨膜下に埋入するプロテーゼ法とオトガイ水平骨きり術(前進)、オトガイを長くしたい場合はオトガイクアドラート法(原法はリッツ美容外科の広比利次先生により考案されたオトガイスクエア骨切り術です。)を行います。
 一方、下顎骨の発育が悪く上顎に対して引っ込んでいる 場合は下顎枝矢状分割法(SSRO)で下顎全体を前方に移動させます。
 症例によってはSSROとプロテーゼ法、SSROとオトガイ水平骨切り術(前進)、SSROとオトガイクアドラート法が必要になる場合もあります。
 原因に応じた施術を行うことによって自然で違和感のない美しいアゴを形成いたします。

  • (A)オトガイ部のみの発育悪い
    (A)オトガイ部のみの発育悪い
  • (B)下顎骨の全体の発育が悪い
    (B)下顎骨の全体の発育が悪い
  • (A)+(B)の複合
    (A)+(B)の複合

手術の方法

医療用シリコンプロテーゼ法

患者様のオトガイの形に合わせて形成して、オトガイ部の骨膜下に埋入し吸収糸で周囲骨膜と結紮固定します。術前にCTから下顎模型を作成して適合させておくと、より下顎骨全体との大きさや形のバランスをとることができます。また下顎模型上で適合させたシリコンプロテーゼは小さな粘膜切開部から埋入できるという利点があります。手術は局所麻酔で可能です。
大きすぎるプロテーゼを入れるとプロテーゼ上の骨膜や皮膚の緊張が大きくなりプロテーゼを圧迫して下の骨が吸収されます。結果的に術直後よりも段々とアゴは引っ込んでいきます。大きなプロテーゼを埋入する必要がある症例は下顎骨の前方への発育が悪い症例(小顎症)が多く、SSROを併用して下顎全体を前方に移動させた上で適度な大きさのプロテーゼをオトガイ部に埋入します。


[1]下唇裏側の粘膜に切開を加えます。
切開を加えます
[2]骨膜剥離子で粘膜筋骨膜弁を剥離してオトガイ部の骨膜下にシリコンプロテーゼを埋入するポケットを形成します。
粘膜筋骨膜弁を剥離
[3]シリコンプロテーゼを埋入します。
埋入します
[4]吸収糸で固定します。
固定します

セラタイト(ハイドロキシアパタイトとリン酸三カルシウムの複合セラミックス)

セラタイトは骨と同様の成分から構成されている人工骨ですので埋入後に外から触れたり、押したりしても骨との区別はつきません。チタンスクリューで固定します。スクリューで固定するため術後にプロテーゼが移動しませんのでプロテーゼを固定しておくテーピングの必要もありません。術前にCTから下顎模型を作成してセラタイトを加工して適合させておくと、より下顎骨全体との大きさや形のバランスをとることができます。
大きすぎるプロテーゼを入れるとプロテーゼ上の骨膜や皮膚の緊張が大きくなりプロテーゼを圧迫して下の骨が吸収されます。結果的に術直後よりも段々とアゴは引っ込んでいきます。大きなプロテーゼを埋入する必要がある症例は下顎骨の前方への発育が悪い症例(小顎症)が多く、SSROを併用して下顎全体を前方に移動させた上で適度な大きさのプロテーゼをオトガイ部に埋入します。


[1]下唇裏側の粘膜に切開を加えます。
切開を加えます
[2]骨膜剥離子で粘膜筋骨膜弁を剥離してオトガイ部の骨膜下にシリコンプロテーゼを埋入するポケットを形成します。
粘膜筋骨膜弁を剥離
[3]シリコンプロテーゼを埋入します。
埋入します
[4]チタンスクリューで固定します。
固定します

オトガイ水平骨切り(前進)


[1]下唇裏側の粘膜に切開を加えます。
切開を加えます
[2]骨膜剥離子で粘膜筋骨膜弁を剥離してオトガイ部の骨を露出させサジタルソーで水平に骨切りします。
骨切りします
[3]オトガイの骨片を前方に移動させます。
移動させます
[4]チタンプレートで固定したのちに下顎下縁部分切除を行い段差を修正し、切り取った骨で段差を埋めます。最後にEZカンターのファイル(やすり)で骨きり部位の角を丸めて滑らかなラインにしあげます。
滑らかなラインにしあげます

オトガイクアドラート法


[1]下唇裏側の粘膜に切開を加えます。
切開を加えます
[2]骨膜剥離子で粘膜筋骨膜弁を剥離してオトガイ部の骨を露出させ、サジタルソーで水平および垂直に骨切りします。
骨切りします
[3]骨片を術前に設定した位置に移動させ、チタンプレートで固定したのち、形態や長さを確認します。
確認します
[4]下顎骨下縁の形態に沿って骨片を切り取り、下顎骨下縁骨きり術をおこないます。切り取った骨で骨の隙間を埋めます。骨が再生して隙間がなくなります。
隙間がなくなります

SSRO(下顎枝矢状分割骨切り)

下顎枝を矢状方向に分割して下顎を前進させます。下顎を左右上下に自由に移動させることができ、分割した骨片同士の接触面積が広く骨の治癒に有利ですが、その術式が難しく、また下歯槽神経が下顎骨の外側にある場合、この神経を傷つける可能性が高いことが欠点とされてきました。現在は3DCTや精密な骨模型で下歯槽神経管(下歯槽神経の通っている下顎骨の中の管)の位置を特定し、術前に模擬手術をして確認できますので下歯槽神経損傷の危険はほぼ避けられるようになりました。


[1]大臼歯外側の頬粘膜に5㎝程度切開します。
切開します
[2]骨膜剥離子で粘膜筋骨膜弁を剥離して下顎枝外側と内側の骨を露出させた後、下顎枝内側の骨皮質だけを水平に骨切りします。
水平に骨切りします
[3]サジタルソーで矢状方向に内側骨皮質と外側骨皮質を下歯槽神経を避けるように外側の骨皮質に沿って骨切りします。薄刃の骨のみで外側と内側骨片を分割します。  
骨切りします
[4]下顎を前進させて術前に計画した位置でチタンプレートを用いて固定します。
固定します

手術データ

 施術時間 3時間
 麻酔 全身麻酔
 痛みの度合い レベル3
 ダウンタイム 夜間ギブス固定:平均1週間腫れのおさまり:3mo(下記へ)
 メイク お化粧は可能です。
 シャワー 体が温まり過ぎない程度に可能
 食事 翌日の診察後から

◇腫れのおさまりについて 術後3日ごろがピークでその後徐々に引いてゆき2週間程度で手術による腫れは消失します。その後、むくみは残り3ヶ月程度で落ち着きます。

▲ページ上部へ

  1. 東京の美容整形・美容外科「マックスファクス銀座クリニック」TOP
  2. 診療案内
  3. アゴを出す