スマートフォン版を表示
  • サイトマップ
  • 0120-066-426
  • メール相談
  • 予約フォーム
  • 0120-066-426
  • メール相談
  • 予約フォーム

顔のゆがみ

顔の歪みにお悩みの方、顔をシンメトリーにしたい方

顔のゆがみについて

歪みの要因を特定し、シンメトリーになるための最適な術式を提案します。

 成長期の習慣などで顔面が左右非対称になってしまった方、顔面変形を修正されたい方、ボクシングなどのスポーツ外傷や交通外傷後に変形治癒をきたして顔面の左右が非対称な方に対して正面、側面のセファロ分析、3DCT、骨格模型分析を行い原因を確かめ、術式を決定した後に3DCTおよび骨格模型でシミュレーションを行い術式の正否を確認後に手術を行い顔を修正します。

正面顔が大きくゆがんでいる場合

 顎顔面頭蓋成長期における習慣(頬づえや片側性咀嚼など)や何らかの外力(打撲など)によって左右の顎顔面頭蓋骨に成長差が生じている場合、オトガイ下端(メントン: Me)が左右どちらかにずれている場合が多く、左右の下顎骨の長さが異なります。また上下の歯の噛み合わせが悪い場合が多く、噛み合わせが良い場合でも、咬合平面(上下の歯を噛み合わせた時の仮想平面)に傾斜が見られます。斜鼻をともなうこともあり、そのような場合は鼻を垂直にすると顔面のゆがみは目立たなくなりますが、左右の目の高さが異なって見えることがあります。

正面顔が大きくゆがんでいる場合

 このような場合はLe Fort type 1 osteotomy (ルフォーI型骨きり術)で上顎骨の位置移動をおこない、まず上顎の咬合平面を水平にします。ついでSSROやIVROで下顎を上顎に合わせて移動させます。さらに必要があればオトガイ形成、オトガイ水平骨きり術をおこないオトガイの下端(メントン)を頭蓋の正中と一致させます。最後に鼻骨内側外側骨きり術で、斜鼻を修正します。ほとんどの症例で左右の表情筋や咀嚼筋のバランスが 崩れていますので術後の表情筋の動かし方や咀嚼の指導をおこないます。必要があればボツリヌス・トキシン注射で牽引の強い方の表情筋の動きを抑制します。

正面顔が大きくゆがんでいる場合

左右の頬骨の大きさや横への張り出し方が異なる場合

 一般的に左右の頬骨の前方への突出度や横方向への張り出し具合は全く同じではありません。右か左の頬骨のどちらかが他方より前方に突出あるいは横方向に張り出している場合がほとんどです。この差が著しいと左右どちらかの顔が大きく見えたり歪んで見えたりします。ただし頭蓋骨にも著しいゆがみがある場合は、額の突出度や眼窩(目の入っている骨の窪み)の突出度などとともにそれなりにバランスが取れている場合がありますので、頬骨以外の顔面骨格のパーツとのバランスをみて頬骨の左右差を少なくします。
 具体的には頬骨のボリュームを少なくするには頬骨弓骨きり移動術(ZAO)、ボリュームを出すには頬骨弓拡大術(Zygomatic Arch Augmentaion)を行い左右の頬骨の大きさ、張り出しのバランスを整えます。
※多少の左右差であれば簡易的にレデイエッセやヒアルロン酸を注入して形を整えることもできます。

頬骨弓骨切り移動術(ZAO)

左右のうち大きい頬骨を小さくして横への張り出しも少なくして左右差を改善します。


頬骨弓骨切り移動術1

頬骨弓骨切り移動術2

  • 左側頬骨が大きく、
    出っ張りが大きい。
  • ◇Step.1◇
    頬骨弓前方部骨切り
  • ◇Step.2◇
    頬骨弓内側移動
    固定

頬骨弓拡大術(Zygomatic Arch Augmentaion)

 頬骨弓を前方だけ骨きりして頬骨を外側に移動させて、隙間にセラタイト(人工骨)を移植してチタンミニプレートでセラタイトと頬骨を固定します。頬骨弓の前方の可動性を得るために頬骨弓後方部に切れ込みを入れなくてはならない場合があります。


頬骨弓拡大術

  • 左側頬骨が小さく、
    出っ張りが少ない。
  • ◇Step.1◇
    頬骨弓前方部骨切り
  • ◇Step.2◇
    頬骨弓前方外側移動
  • ◇Step.3◇
    人骨移植と固定

左右のエラの出方が異なる場合

 咀嚼習慣やスポーツや交通外傷、発育仕方の違いなどによってエラ(下顎角)の大きさや形に左右差がある場合、形や大きさの良い側のエラにあわせて下顎角形成術外板切除術をおこない左右差を改善します。エラを作らなくてはならない場合は人工骨や腸骨を移植してエラを作る方法下顎枝外板移動術でエラを形成する方法で左右差を改善します。
※多少の左右差であれば簡易的にレデイエッセやヒアルロン酸を注入して形を整えることもできます。

下顎角形成術 / 外板切除術

 エラの張っている側の下顎骨は下顎枝自体も暑く、大臼歯部外側の骨も出っ張っていることが多く、そのような場合は下顎角形成術に加えて下顎枝外板切除術も併用してエラの左右差を改善します。術前に3DCT上で切り取った対側の下顎を反転して術側の下顎に重ね合わせて骨を切り取る範囲計測します。骨格模型上で計測したあたい通りに骨きり予定線を設定して、特殊な金属性のガイドプレートを作成してガイドプレートに沿って骨きりをおこないますので正確に左右差の改善が行えます。


下顎角形成術 / 外板切除術

  • 右側エラが大きく
    出っ張っている。
  • ◇Step.1◇
    下顎角形成術
  • ◇Step.2◇
    下顎枝外板切除
  • ◇Step.3◇
    左右対称性の確認

人工骨や腸骨を移植してエラを作る方法下顎枝外板移動術

 人工骨あるいはチタンインブラントで左右のエラの差を改善する方法です。
 術前に特殊なソフトを使用して3DCT上で切り取った反対側の下顎を反転して術側の下顎に重ね合わせて調整し、つぎ足さなくてはならない人工骨あるいはチタンの形を設計します。CAD/CAMシステムを利用して移植する人工骨あるいはチタンを削り出し、骨格模型上で適合を確かめ、人工骨やチタンインプラントの適合位置を骨模型上で計測してから移植する滅菌しておきます。人工骨やチタンは多孔性(軽石ような構造)のものを使用します。多孔性人工骨やチタンインプラントは骨との結合に有利で、軽くすることができます。


下顎角形成術 / 外板切除術

  • 右側エラが小さい
  • 人工骨、チタンインプラント
    移植下顎角形成術

下顎枝外板移動術

 エラの外側への張り出しはほぼ同じで下顎角の高さに左右差があり、噛み合わせは正常な 場合に行うせ術です。


下顎枝外板移動術

  • 右側エラが小さい
  • 骨切り線
  • 外側板の分割移動
  • チタンスクリューで固定

手術データ

ご相談頂いた内容から、お顔の歪みの要因となっている症状を特定して、そこから適正な術式をご提案致します。複合手術となる場合があるため、詳細はカウンセリングで丁寧にお答え致します。

 施術時間 手術、リカバリー時間:術式で異なります。
 麻酔 全身麻酔
 痛みの度合い レベル0
 ダウンタイム 夜間ギブス固定:術式による腫れのおさまり:術式による
 メイク 手術の内容により異なります。
 シャワー 手術の内容により異なります。
 食事 手術の内容により異なります。

▲ページ上部へ

  1. 東京の美容整形・美容外科「マックスファクス銀座クリニック」TOP
  2. 診療案内
  3. 顔のゆがみ