スマートフォン版を表示
  • サイトマップ
  • 0120-066-426
  • メール相談
  • 予約フォーム
  • 0120-066-426
  • メール相談
  • 予約フォーム

目頭切開

輪郭とのバランスを考えた切れ長の目、目全体を大きくしたい方

目頭切開の施術について

蒙古襞や涙丘の形状から最適な術法で自然な目頭を形成します

 美しい顔の条件は、個々のパーツの良さに加えて、バランスの良さも大きな要素となります。過度に目と目の間が離れていると、締りに欠けた印象を与えてしまいます。目頭切開は、そのようなアンバランスさがもたらす目元の欠点を改善する手術です。目の内側に存在する蒙古襞(目頭から上まぶたまでを覆う皮下組織)を切開し移動(または切除)させることにより、目の横径が中心に向かって広がり、目元が締まった、知的で美しい印象を手に入れることができます。また、東洋人特有の腫れぼったい目元も改善されるので、ハッキリとした表情で立体的な顔貌となります。目頭切開の手術では、蒙古襞を残すか否かにより、仕上がりの特徴に差が出ます。当院では、3つの手術法(Z法、W法、リドレープ法)採用しています。患者様のご希望と現状を分析の上、最適な術法を選択・適用し、美しい目元の形成を図ります。これらの目頭切開手術はこのような方に適しています。

  • 目の横幅を大きくしたい横幅を大きくしたい
  • 平行型二重にしたい
  • 末広型の二重の二重にしたい
  • 目と目が離れているのでバランス良くしたい
  • 西洋人のようなハッキリとした目元にしたい
  • 蒙古襞を縮小(切除)したい方

手術の方法

Z法

目頭の蒙古襞をZ型に切開する手法です。切開した部分の皮膚を入れ替えることにより、目頭の露出を拡大させます。そうすることで、シャープかつ切れ長の目頭が形成されます。平行型の二重を形成しやすい方法で、美人系の目元を作るのに適しています。また、傷跡が赤く盛り上がらず、回復までの期間が短いという利点もあります。蒙古襞が強い方にお勧めです。そして、この手術は、二重まぶたの手術と同時に行われることが多く、デザインは、二重のラインに併せて行います。特に、切開するZ型の上部ラインを二重のラインに一致させることで、綺麗な平行型の二重を形成します。


[1]デザインし、局部麻酔をします。
局部麻酔をします
[2]デザインに沿って皮膚切開します。皮弁作成後、2つの皮弁を入れ替えます。
皮膚切開します
[3]止血後、縫合します。Z法では、余剰皮膚をほとんど切除しないため元の目頭の状態に戻すことが可能です。
縫合します

W法

目頭の蒙古襞をW型に切開し、皮膚を取り除く手術です。そのため、手術後に元へ戻したい場合は、完全に復元することが困難になります。またこの手法は、医師の腕が仕上がり結果を左右いたします。W型に切開した後の皮弁部分の処理は、高度で緻密な技術を要求されるのです。Z法よりも柔らかい印象を与える手法で、かわいい系の目元を作るのに適しています。見た目の変化量も大きく、自然できれいに仕上がります。ただし、傷が大きく、目立ちやすいというデメリットもある他、赤みの残りが長引くこともあります。平行型の二重形成に適しており、埋没法と組み合わせることにより、よりパッチリとした目元になります。


[1]デザインし、局部麻酔をします。
局部麻酔をします
[2]デザインに沿って皮膚切開し、剥離します。余剰皮膚を切除します。
余剰皮膚を切除
[3]止血後、縫合します。W法では皮膚を切除するため、元に近い状態に戻すのは困難となります。
縫合します

リドレープ法

末広型の二重が作りやすい方法で、Z法に比べて傷跡が目立たないのが特徴です。傷跡が赤く腫れることがありますが、術後1ヶ月程度で落ち着きます。蒙古襞が強い方にお勧めです。


[1]デザインし、局部麻酔をします。
局部麻酔をします
[2]デザインに沿って目頭から内側眼瞼縁まで皮膚切開します。縫合後皮膚の引きつれを予防するため、剥離を進めます。
皮膚切開します
[3]止血確認後、縫合します。この施術は比較的施術時間が短く韓流目頭切開などと呼ばれていることもあります。
縫合します

目頭切開手術と蒙古襞の関係

◇蒙古襞とは
目頭切開の手術では、蒙古襞の処置により、手術結果が左右されます。蒙古襞とは、目の内側の端にある襞を指します。(図A)
蒙古襞は、内側白目のより内にあるピンクの肉の部分=涙丘(図B)を覆い隠しています。

A.蒙古襞がある(覆い被さっている)、B.蒙古襞がない

◇個人で変わる蒙古襞の有無
蒙古襞は、ある方とない方に分かれます。蒙古襞がない人は、涙丘が全て露出しています。一般的に西洋人の多くの人がなく、東洋人はある場合が多いです(例外あり)。この蒙古襞を、縮小(または切開)することで、表に出る目の面積が増え、パッチリとした印象に変わります。また、末広型の二重にも平行型の二重にもすることが可能です。

蒙古襞がある人、引っ張ると涙丘(ピンク部分)が露出する、西洋人の場合(元から涙丘が出ている)、東洋人で蒙古襞がない人

◇涙丘のタイプで手術法が変わる
術後をデザインする上で、重要になるのが、個々人の持つ涙丘の状態になります。図Aのタイプでは涙丘(ピンクの部分の肉)が、角の丸い三角形をしています。このような方は、蒙古襞を全切開しても違和感はありません。上記のはじめから蒙古襞がない人のような仕上がりになります。その一方で、下図B~Dのタイプで、蒙古襞を全切開した場合、違和感のある形の涙丘が露呈されることになり、自然な仕上りを求める方には、お勧めしていません。

A.全部切開しても自然な涙丘、B.丸い涙丘、C.四角い涙丘、D.細く鋭い涙丘

上図B~Dのタイプの方は、蒙古襞を少し残すことで、以下の図のように自然な仕上がりになります。

B.丸い涙丘、C.四角い涙丘、D.細く鋭い涙丘

目頭切開

 施術時間 手術時間 おおよそ45min
 麻酔 局所麻酔
 痛みの度合い レベル2
 ダウンタイム 腫れの治まり:約3日~1週間(個人差あり)
 メイク 当日より可能(目元以外)
 シャワー 当日より可能
 通院 2回

▲ページ上部へ

  1. 東京の美容整形・美容外科「マックスファクス銀座クリニック」TOP
  2. 診療案内
  3. 目頭切開