スマートフォン版を表示
  • サイトマップ
  • 0120-066-426
  • メール相談
  • 予約フォーム
  • 0120-066-426
  • メール相談
  • 予約フォーム

目元の施術

二重埋没/二重切開/目頭切開/目尻切開/垂れ目形成/彫りを深く
目元のたるみ/涙堂形成/目元のしわ取り/眉下リフト/プチ整形

目元の施術メニュー

    • きれいな二重
    • 重いまぶたの改善
    • 目のたるみ解消
    • 目頭切開
    • 垂れ目形成
    • 涙袋形成
    • 眉下リフト
    • 目尻切開
    •  
    •  
    •  
    •  
  • ページ1
  • ページ2

理想的な目の大きさと位置

 「目は口ほどにものをいう」という言葉があるように、心の中に抱いている喜びや愛しさ、かなしみ、苦しみなどの感情が、言葉で語るのと同じように、あるいはそれ以上に目もとに現れます。目の変化が人の表情に及ぼす効果は高く、美容外科の施術の中では重要な施術の一つです。
 二重瞼や目頭切開法などのより目を大きくする施術や加齢に伴う眼瞼や眼瞼周囲のたるみを改善する施術が主となります。
 一般的に目の大きさは目幅30㎜から34㎜、上下幅10~12.5㎜、両目の間隔も30㎜~36㎜で目幅とほぼ等しい。目の幅は顔の幅を10とした場合2.0~2.5が理想的とされていますが最近の海外のモデルさんのお顔を分析すると2.0〜2.2くらいの方がおおいようです。日本のモデルさんもハーフの方はやはり2.2くらいの方が多く見られます。目幅が広くなると上下幅も大きくなる傾向にありますから目幅と顔の幅の比率が2.2より大きくなると目の大きなお顔という印象をうけます。

理想的な目の大きさと位置

 目の上下幅を増すためには二重瞼術(埋没法、切開法)、下眼瞼下制術(垂れ目形成)、目幅を広くするためには目頭切開、目尻切開術が適応となります。いずれも目の輪郭が大きくなり瞳も拡大します。女性の方は目の縦と横幅の比率を1:3になるようにメイクをされていると思いますが、二重瞼術などの目を大きくする施術も1:3が指標となります。当院では二重瞼術や目頭切開術、目尻切開術を行うときは顔の幅も参考に参考に施術の設計をいたします。[Fig1]

目元の老化現象は、骨のくぼみの拡大が原因

 眼球が入っている骨のくぼみを眼窩といいますが、加齢とともに眼窩が大きくなることをご存知ですか?  眼瞼や眼瞼周囲のしわやたるみはそれらを引き上げる筋肉(眼瞼挙筋等)の働きの低下や筋肉、瞼板という部分を引っ張る腱膜の異常、皮膚自身のたるみなどが組合わさって起こるとされてきましたが、近年加齢とともに骨吸収により眼窩がおおきくなることがわかり、それが目の窪みやシワやたるみの原因の一つとなっているのではないかといわれています。
 加齢による眼窩の拡大も伴っている場合には関連した筋肉を筋膜とともに引きあげるときに眼窩周辺の骨膜や眼窩縁の骨に小孔をあけてアンカーとします。眼瞼や眼瞼周囲のしわやたるみを改善する施術には上眼瞼切開術、下眼瞼切開術、ハムラ法、裏ハムラ法、眉毛下切開術などがあります。

若年期と高齢期

目元の施術メニュー

きれいな二重

埋没法は、皮膚にほとんど傷を付けることなく、細い糸を希望のライン下に埋没させて、二重まぶたを作る方法です。当院の埋没法であるSMK(スクエア・マルチプル・ノット)法は、従来のクイック埋没法とは異なり、糸の掛け方の工夫をし、固定点数を増やすことで一重に戻りにくくし、二重のラインをより理想の形に近づけることができます。

重いまぶたの改善

上瞼のふくらみが気になる方、目が腫れぼったい方、脂肪による重みで目が開けにくい方には、戻りにくいSMK法「切らない二重手術」にプラスして、上瞼の脂肪をとってスッキリとした目元にする手術がおすすめです。ごく小さな傷なため、ダウンタイムが短く、早期よりメイク可能です。

目のたるみ解消

加齢と共にたるんできた上瞼、下瞼のたるみを改善し、二重ラインを形成したり、目の周囲のしわ、くまを改善する手術です。上瞼は二重のライン付近の余剰皮膚を切除し、下瞼は切除に加え、筋肉と脂肪の処置も行います。傷は最終的には目立たなくなり、二重ラインや、下睫毛に隠れますので分かりません。

目頭切開

「目の横幅を大きくしたい」「平行型二重にしたい」「目と目が離れているのでバランス良くしたい」このような希望に対して行うのが目頭切開術です。目頭切開の結果、目の横径が広がり、特に鼻側が広くなるため、より立体的な顔貌となり、目元がしまった知的な印象を与えます。

垂れ目形成

きつい印象の目を、垂れ目の優しい印象にして大きな瞳にする手術です。下まぶたの真ん中から外側1/2を下方に引き下げて垂れ目にし、外側の白目を大きく見せるようにします。基本的に瞼の裏側から行うため皮膚側に傷は残りませんが、下げる程度によっては下まつ毛の下で皮切除を行うこともあります。

涙道形成

涙堂は、下睫毛の際にある眼輪筋によって形づくられる、ふっくらとした盛り上がりです。笑った時などにその高まりが強調されるため、涙堂がほどよくあると、いつも微笑んでいるような印象を与えることができ、優しい目元になり、目を大きく見せます。涙堂はヒアルロン酸を注入して形成します。

まゆ毛形成

眉毛は顔の中にあって男女ともに唯一目立つ発毛帯です。動きによって、また形によってやさしくみえたり、きつくみえたり、かなしくみえたりと心の中を表し伝えようとする機能も備えており顔の表情をつくる重要な因子です。まゆげ形成は眉毛下切開法、眉毛上切開法で眉毛の位置を移動させて患者様の希望される眉毛を形成いたします。加齢による眉毛の降下には前額部切開法が適している場合もあります。

目尻切開

メイクをする時にアイラインを目尻の外側にまで延長して描いたり、アイシャドウをアイホール(眼を閉じて眼球の丸みが触れる範囲)の外側にまでグラデーションをかけて延長したりしていませんか? 目尻切開をすれば眼幅がひろがり目が大きく見えるようになります。メイクとことなり実際に外眼角が外側に移動し、実際に眼幅がひろがるので瞬きをした時の上瞼の動きがより明瞭となり動的にも魅力的な眼になります。

▲ページ上部へ

  1. 東京の美容整形・美容外科「マックスファクス銀座クリニック」TOP
  2. 診療案内
  3. 目元の施術