スマートフォン版を表示
  • サイトマップ
  • 0120-066-426
  • メール相談
  • 予約フォーム
  • 0120-066-426
  • メール相談
  • 予約フォーム

鼻孔を下げる

鼻孔の大きさに左右差がある方、鼻の穴が大きく目立つ方

鼻孔縁形成について(鼻の孔を下降させる)

鼻柱•鼻尖の形からバランスを見て左右対称で自然なアーチを形成します。

鼻孔縁形成について

 鼻の穴の縁が真上に切れ込んでいると、顔を真正面や真横から見られた場合、穴の内部が大きく晒されることになります。
 顔全体に対して、鼻の穴の印象が大きくなり、自信を持った対応することができなかったりする場合が出てきます。そのような方にお勧めなのが、鼻孔縁下降術です。真上への切れ込みを塞ぐようなイメージで、小鼻の縁を下方へ延長します。鼻の穴が目立たなくなることで、バランスのとれた顔立ちを保持できるようになります。また、左右の鼻孔の形が異なる場合、鼻孔が大きく露出していない方に合わせることも可能です。鼻の孔を単純に下げるのではなく、鼻孔縁形成術は、鼻柱と鼻尖の形状を考慮して形成します。この手術は以下のような方にお勧めです。

  • 鼻の穴が大きい人
  • 鼻孔縁の形が左右で異なる方
  • 鼻先が上を向いていて鼻の穴が目立つ方。

 手術は小鼻の裏側(鼻縁の上部)を切開することから始まります。その部分へ耳から採取した軟骨及び皮膚を移植して、鼻孔縁を下方に延長させます。使用する軟骨は、鼻孔部が従来持つ硬さに類似した部分を採取して手術に利用します。
 また、アップノーズで鼻の穴が目立つ方には、一般的には鼻中隔延長術を行います。鼻中隔延長術鼻先部と鼻柱部を下げる効果はありますが、鼻孔縁部を下げる効果はないです。従って、鼻中隔延長術を行う方で鼻孔が目立つ方は同時に鼻孔縁形成術が適応となります。

手術の方法

鼻孔縁下降術


[1]耳の裏から軟骨や場合によっては皮膚をとり、左右シンメトリーになるようにバランスを見ながら丁寧に移植する軟骨を加工します。耳介軟骨を切除した箇所は再生し、傷跡はほとんど分からなくなります。採取した軟骨は二枚重ねに形成し、三カ所に糸を縫い付けておきます。
三カ所に糸を縫い付けておきます
[2]鼻孔の内側を数ミリ切開します。鼻の表面側に傷は残りません。皮膚を丁寧に剥離して軟骨を挿入する空間を作ります。
鼻孔の内側を数ミリ切開
[3]切開した部分に耳介軟骨や皮膚を移植します。あらかじめ付けておいた糸をプルアウトして位置を定めます。皮膚を移植する場合は丁寧に縫い付けます。
耳介軟骨や皮膚を移植
[4]移植した軟骨を固定するためにプルアウトした糸をテーピングします。テープと糸は数日後にはずします。
プルアウトした糸をテーピングします

手術データ

鼻柱下降術

 施術時間 手術時間 おおよそ45min
 麻酔 局所麻酔・静脈麻酔
 痛みの度合い レベル2
 ダウンタイム 腫れの治まり:約3日〜1週間(個人差あり)
 メイク 当日より可能
 シャワー 当日より可能
 通院 2回

▲ページ上部へ

  1. 東京の美容整形・美容外科「マックスファクス銀座クリニック」TOP
  2. 診療案内
  3. 鼻孔を下げる