スマートフォン版を表示
  • サイトマップ
  • 0120-066-426
  • メール相談
  • 予約フォーム
  • 0120-066-426
  • メール相談
  • 予約フォーム

唇を薄くする

厚ぼったく見える唇を自然な大きさに改善

唇を薄くする

口角を引き上げて自然で明るい表情を

 ふっくらとした唇は、男女ともにセクシーな印象を与えます。しかし厚すぎてしまうと、顔全体のバランス崩れ、締りのない表情の要因となります。
 俗に「タラコ唇」と呼ばれることを恐れるあまりに、笑うときには口元を隠す癖がついてしまう方がいます。

 そのような方々のコンプレックスを取り除くのが、「唇を薄く」する手術です。これは、唇内側の粘膜上の組織を削除する手法をとります。その際、口を開けた部分に裂け目が生じぬよう、レンズ状に取り除き形を整えて行きます。さらに唇の内側と外側のラインを尊重しながら、唇の曲線に沿った切開と縫合を行います。これにより、傷跡を目立たせることなくスマートな唇を形成することが可能です。

唇を薄くする

  また、下顎全体や前歯部の突出により唇が厚くなり、前に飛び出ていることで、タラコ唇のようにぼてっとした印象を与える事があります。その場合は、骨切りによって上顎と下顎を後方に移動させて、引っ込めることで、大幅に唇を薄くする事が可能です。詳しくは口元突出(口の出っ張り)の改善をご覧下さい。

  • 厚すぎる唇にお悩みの方
  • 今よりも唇を薄くしたい方
  • 永続的な効果をお望みの方

口唇縮小術について

 唇を薄くする手術は、唇外側の乾いている部分と、内側の粘膜質部分の境目を切開し、余分な組織を削除する手法をとります。患者様が本来持っている皮膚と粘膜の境界線に、抜糸後の傷跡が残ります。その境界線に傷跡が融合して見えて目立つことがありません。唇に元々あるシワがあり傷跡が問題となる事はほとんどないでしょう。粘膜表面の縫合には、自然に組織に吸収される特殊糸を使用するので、縫合部分の抜糸は不要です。ただし、切除範囲が広がるに連れて口を閉じていても歯が見えてしまうというデメリットが生じます。当院では、前述の組織を削除しすぎず、唇の境界線を乱さぬようにして、患者様の理想に近づけた唇を目指します。

口唇縮小術について

手術の方法

口唇縮小術について


[1]カウンセリングでは、シミュレーションシステムを使用して、ご希望のイメージを医師と共有します。施術部位を撮影し、その画像をコンピュータソフトでシミュレーションを行います。術後を想定してデザインし、切除幅を決定します。
ご希望のイメージを医師と共有
[2]デザインにあわせて切開を行い丁寧に縫い合わせていきます。
デザインにあわせて切開
[3]抜糸後には、唇の厚ぼったさが改善されます。手術の傷跡には、2、3ヶ月ほど硬さと赤みが残りますが、4ヶ月立つ頃には傷跡はほぼ目立たなくなります。お化粧及び洗顔、先発は翌日より可能となります。但し、口紅を指すことはお控えください。
抜糸後に唇の厚ぼったさが改善

手術データ

口唇縮小術

 施術時間 手術時間 おおよそ120分
 麻酔 局所麻酔
 痛みの度合い レベル2
 ダウンタイム 腫れのおさまり:3日傷跡:2ヶ月〜半年
 メイク 腫れがある間はオススメしません。
 シャワー 患部か濡れない程度なら可能
 通院 3回

▲ページ上部へ

  1. 唇を薄くする