スマートフォン版を表示
  • サイトマップ
  • 0120-066-426
  • メール相談
  • 予約フォーム
  • 0120-066-426
  • メール相談
  • 予約フォーム

目のたるみ解消

目の周りのたるみ、しわ、くまをすっきりと改善

目のたるみ改善

目の下の凹凸やたるみ、ゴルゴラインを傷跡が目立たない術法で改善

 目の下にある、大きく膨らんだたるみや、黒く凹んだクマは、加齢をことさら強調し、年齢上に見られる原因になります。加齢により目元の筋肉が衰え、それに伴い目元の脂肪が重力で下垂することで皮膚が伸びきってしまいます。下まぶたに存在する余分な脂肪と皮膚を切除するだけで、目元は若々しくなり、さわやかな印象を取戻す事ができます。目の周辺は皮膚が薄いため、綺麗に早く傷口を回復させることができますので、ご高齢の方にも無理なく手術を受けていただけます。
 下まぶたたるみ取りの手術は、主に2つの方法に分けられます。下瞼眼脱脂術は、下まぶたの裏側の結膜を切開して、余分な脂肪を切除します。裏ハムラ法は、結膜を切開して、膨らみを形成している眼窩脂肪を、陥没したクマ部分へ移動させる方法です。大きく膨らんだたるみと、深いクマを同時に解決できる利点があります。また、その効果も長く、約10年とされています。両手法共に、皮膚側は切開しないため、傷跡が見えることはありませんが、たるみの程度により、下まぶたの際から切開し上記の方法で手術を行う場合があります。下まつげの際を切開するため、傷跡は目立たないのが利点です。これらの手術は、以下の様な方へお勧めいたします。

  • 年齢により目の下のたるみ・膨らみが目立つ
  • 目袋が原因で実際より老けて見られる
  • 目の下のクマが目立つ
  • ゴルゴライン(目頭から、頬のほうれい線の上にかけて入るシワ)を消したい

手術の方法

裏ハムラ法


[1]カウンセリングにより手法及びデザインを決定します。
デザインを決定します
[2]結膜側を切開後、剥離し、脂肪を引き出します。
脂肪を引き出します
[3]引き出した脂肪を移動させて、脂肪によって膨らんで出来たクマを改善します。脂肪を凹んでいる部分まで移動させて、押し上げることでしわを解消します。骨膜に脂肪を糸で固定させ、再度移動するのを防ぎます。
クマを改善します
[4]目の下の凸凹をならすことによって、たるみの無いスッキリした目元に。目の下にあるゴルゴラインが気になる方も改善されます。
ゴルゴラインが気になる方も改善されます

下眼瞼切開法


[1]カウンセリングにより手法及びデザインを決定します。
デザインを決定します
[2]睫毛下1〜2ミリの皮膚を切開します。
皮膚を切開します
[3]皮膚と眼輪筋の間を剥離し、余剰皮膚や脂肪を切除します。
脂肪を切除します
[4]止血後、縫合します。睫毛下数ミリ切開しているため、傷跡は目立ちにくく、たるみがなくなったことで若々しい目元になります。術後7日で抜糸になります。
術後7日で抜糸になります

下眼瞼脱脂術


[1]下まぶたが脂肪により大きく膨らんでいる方は脱脂をお勧めします。皮膚側から切開しないため傷跡は見えません。
傷跡は見えません
[2]結膜側を切開後、剥離し、脂肪を引き出します。
脂肪を引き出します
[3]取り除く脂肪の量を調整します。切開部分は、血液などが溜まり、腫れやすいため、縫合の必要がありません。結膜傷は自然に治ります。
脂肪の量を調整します
[4]気になっていたふくらみがなくなり、たるみのないすっきりとした目元に。
すっきりとした目元に

手術データ

眼瞼切開

 施術時間 手術時間 おおよそ45min
 麻酔 局所麻酔
 痛みの度合い レベル2
 ダウンタイム 腫れの治まり:約3日~1週間(個人差あり)
 メイク 当日より可能(目元以外)
 シャワー 当日より可能(目元塗らない程度)
 通院 2回

▲ページ上部へ

  1. 東京の美容整形・美容外科「マックスファクス銀座クリニック」TOP
  2. 診療案内
  3. 目のたるみ解消