スマートフォン版を表示
  • サイトマップ
  • 0120-066-426
  • メール相談
  • 予約フォーム
  • 0120-066-426
  • メール相談
  • 予約フォーム

顔の脂肪吸引

二重あごやタルミが気になる方、顔痩せをご希望の方

顔の脂肪吸引 (サクション) について

顔の不要な皮下脂肪を吸引しシャープなフェイスラインへ

 引き締まったシャープな顔立ちは、多くの人の憧れです。それを阻害するのが、頬や顎に付いた余分な脂肪です。
 顔まわりの皮下脂肪は、顔を大きく見せるだけではなく、たるみを発生し、締まりのない表情と雰囲気を醸し出してしまいます。
 そのような顔の脂肪除去に有効な方法が、フェイスリポサクションです。リポサクションとは英語で脂肪吸引を意味します。カニューレと呼ばれる極細の管で皮下脂肪を吸い取ります。この施術により頬や顎のラインを、シャープにいたします。脂肪吸引の後、皮膚は余ってたるむことなく締まっていきます。

斜線部は安全のため吸引ができません。

 顔の脂肪吸引における代表的な部分は、頬、頬骨周辺、あごの3箇所です。そして、人気のあるシャープな顔立ちを実現する手段としては、頬と顎の脂肪吸引を組み合わせる方法があります。これは、二重顎の解消にも効果的となっています。

  • 肥満や加齢による二重顎が気になる方
  • 骨格の手術後さらに小顔に見せたい方
  • 頬のたるみや顎の脂肪を改善したい方
  • 輪郭にシャープさを出したい方

 当院のフェイスリポサクション術では、吸引する際に起こる血管の損傷を抑えるために、麻酔に止血剤等を混ぜたものをチューメセント液として使用いたします。また吸引の際には、脂肪の3倍にも及ぶチューメセント液を注入いたします。
 その結果、脂肪が膨張し吸引が容易になります。脂肪を吸い上げるカニューレは、先端に皮膚保護プロテクターを付けた極細のものを使用します。これにより、皮膚や脂肪層への過度な負担を軽減させます。

 カニューレの挿入は、耳の後ろ等の目立たない位置から行います。手術後は、専用の顔マスクで圧迫のうえ固定いたします。こうすることで腫れが早期に引き、より良い仕上がりになります。

 当院の脂肪吸引は顔に限定されるため、基本的に脂肪吸引を「シリンジ式」で行っています。「シリンジ式」とは、脂肪吸引を医療機器を使うことなく、熟練医師の手によって丁寧に行うものです。

シリンジ

シリンジや先端カニューレには様々な大きさや太さがあります。(Tulip社より)

 この方法を採用する理由は、以下のようなものです。
 ◇ 最大のメリットは、医療機器では施術の困難な数cc単位での吸引量の調整が可能です。
 ◇ 医療機器を使った場合に比べ、腫れや皮下出血など、皮膚や脂肪層への過度な負担が軽減されます。
 ◇シリンジ式の場合、専用の顔マスクでの圧迫を、手術翌日には解除することが可能です。
 ◇ 過剰吸引や吸い取りムラが出ず、より患者さまのご要望をより微細に実現することができます。

 また、骨格の手術と併用する場合には、従来の吸引器を使用して吸い上げることも可能です。

VASERは使わなくていい?大事なのは、医師の技術と感覚 > 機器の性能

 脂肪吸引の機器には、シリンジ、吸引マシン、ボディージェット、そして現在多くの美容外科で導入されているVASER(ベイザー)脂肪吸引器というように様々なものがあります。

 中でもVASER脂肪吸引器は、従来の脂肪吸引の前に超音波で脂肪を破壊して液状にし、その後の吸引をやりやすくします。つまりVASERを使用した後、通常の脂肪吸引を行うのです。
 
 ベイザー、ベイザーリポを使った場合とそうでない場合、ベイザーを使用した方が目に見えて仕上りが良くなったということは、当院医師の経験上ありませんでした。
 仕上りに関しては、機器の性能差が与える影響は僅かで、結果は医師の技術に起因するということです。腫れやダウンタイムに関しても同様です。

 結局のところ、現在市場にあるどのような吸引機を使用しても、ダウンタイムは個人差によるものが多く、凹凸が出てしまうのは、機器の性能ではなく医師の技量によるものといえるでしょう。

 また、ベイザーによる脂肪吸引は、取り決めにより自由に価格設定ができません。その上、機器の代金が上乗せされ、どうしても通常よりも割高になってしまします。

院にVASERのメニューはありません。従来の方法で丁寧且つ正確に吸引を行います。

 脂肪層に対して適切なアプローチで、いかに丁寧に吸引していくことが、吸引量と仕上りに左右します。
 顔の脂肪吸引は、ただ脂肪を吸って細くすればいい訳ではないです。術後のタルミや腫れ、左右差に影響を及ばなさい、繊細な施術とデザインが要求されます。

 当院で行っているシリンジ式と(十分な吸引力のある)従来の吸引器でも、ベイザーなどの機器を使用した場合と比べ、デザイン力に劣るところはありません。術後、同等の結果を得ることができます。

 患者様に高価な施術料金をご負担して頂くのであれば、わざわざVASER脂肪吸引器を導入しなくとも良いのではないかというのが、当院の方針です。
 当院は、顔面専門の美容クリニックとして、顔のサクションに対して経験豊富な医師が自信を持って施術を行います。

手術の方法

脂肪吸引


[1]医師が入念なカウンセリングにより、患者さまのご希望とお顔の現状を分析いたします。カウンセリングの結果に基づき、詳細なデザイン図をお顔に描いていきます。
患者さまのご希望とお顔の現状を分析
[2]傷跡の目立たない耳の裏側より極細のカニューレを挿入します。
極細のカニューレを挿入
[3]脂肪を丁寧に細かく吸引していきます。傷口を丁寧に縫合いたします。皮膚の内側だけを縫う、抜糸の必要がない方法を採用しています。
脂肪を丁寧に細かく吸引していきます。傷口を丁寧に縫合

手術データ

 施術時間 手術時間 1カ所約20分
 麻酔 局所麻酔
 痛みの度合い レベル2
 ダウンタイム 1週間
 メイク 創部に注意すれば翌日から可能
 シャワー 顔は1週間後
 通院 2回

▲ページ上部へ

  1. 顔の脂肪吸引