スマートフォン版を表示
  • サイトマップ
  • 0120-066-426
  • メール相談
  • 予約フォーム
  • 0120-066-426
  • メール相談
  • 予約フォーム

受け口

しゃくれ、下アゴ全体が突出している方

受け口の施術について

受け口の状態によって適切な手術法が変わります。SSROでは小顔効果も

 受け口は外見上、下顎が上顎よりも前方に見える状態です(噛み合わせが逆なので反対咬合ともいいます)。横から見ると下唇が上唇よりも前方に突出しており、前歯部の噛み合わせでは下顎の前歯が上顎の前歯よりも前方に突出しています。上下の唇を合わせると下唇より下の部分が長く見え、アゴ(オトガイ)が長く見えます。原因は大きく3つに分かれます。
 一番多いのが下顎骨の過成長により下顎が全体的に上顎に対して前方に位置している場合(A)で下顎枝矢状分割法(SSRO)あるいは下顎枝垂直骨切り術(IVRO)が適応になります。このような症例ではオトガイも長い場合が多くオトガイの短縮が必要になる場合もあります。
 二番目は歯並びがわるく下顎の前歯部が後方の歯に押し出されるような形で前方に位置しており上顎の前歯よりも突出している場合(B)です。このような症例では下顎分節骨切り術(Köle法:ケーレ法)あるいは矯正歯科治療が適応となります。
 三番目は上顎全体が劣成長で後退しており見かけ上、受け口に見えている場合(C)です。このような症例に対して下顎を下げてしまうと上下の歯の噛み合わせは一見良くなったように見えますが、外見上凹凸のない平面的な顔になります。このような症例において受け口の原因を判断することは難しく必ずセファロ分析をしなくてはなりません。上顎全体を前方に移動させる必要があるため Le Fort type 1 osteotomy(ルフォーⅠ型骨切り術)が適応となります。

  • A.下顎全体が前方に位置
    A.下顎全体が前方に位置
  • B.後方の歯が下顎の前歯部を押す状態
    B.後方の歯が下顎の前歯部を押す状態
  • C.上顎全体が後退している
    C.上顎全体が後退している

手術の方法

下顎枝矢状分割術(Sagital Split Ramus Osteotomy: SSRO)

SSROで下顎を後退させる場合は下図(真下から見た下顎骨)のように下顎が全体的に小さくなるので下顎全体の小顔効果も得られます。薄い線がもとの下顎の大きさです。下顎の幅も小さくなることがわかります。

下顎枝矢状分割術(Sagital Split Ramus Osteotomy: SSRO)

SSRO(下顎枝矢状分割骨切り)

下顎枝を矢状方向に分割して下顎を後退させる施術です。下顎を左右上下に自由に移動させることができ、分割した骨片同士の接触面積が広く骨の治癒に有利ですが、その術式が難しく、また下歯槽神経が下顎骨の外側にある場合、この神経を傷つける可能性が高いことが欠点とされてきました。現在は3DCTや精密な骨模型で下歯槽神経管(下歯槽神経の通っている下顎骨の中の管)の位置を特定し、術前に模擬手術をして確認できますので下歯槽神経損傷の危険は避けられるようになりました。


[1]大臼歯外側の頬粘膜に5㎝程度切開します。
切開します。
[2]骨膜剥離子で粘膜筋骨膜弁を剥離して下顎枝外側と内側の骨を露出させた後、下顎枝内側の骨皮質だけを水平に骨切りします。
骨切りします
[3]サジタルソーで矢状方向に内側骨皮質と外側骨皮質を下歯槽神経を避けるように外側の骨皮質に沿って骨切りします。薄刃の骨のみで外側と内側骨片を分割します。
骨切りして分割します
[4]下顎を後退させて術前に計画した位置でチタンプレートを用いて固定します。
固定します
[5]後方に飛び出した骨を切り取ります。
骨を切り取ります

IVRO(下顎枝垂直骨きり術)

下歯槽管( 下歯槽神経の通っている管)が下顎骨の外側にあり、SSROを行うと下歯槽神経を傷つける可能性が高い場合は本術式で下顎の後退を行います。IVROはSSROに比較して術式が簡単で前述のように下歯槽神経傷害が少ないなどの利点があります。しかし、切り離された骨片同士を固定しないため、骨切りした切断面と後退させた骨が重なり横に張り出し、SSROのように下あごの幅は小さくなりません。さらに長期(4~5週間)の顎間固定が必要であり、SSROに比較してダウンタイムが長いという欠点があります。


[1]大臼歯外側の頬粘膜に5㎝程度切開します。
切開します。
[2]骨膜剥離子で粘膜筋骨膜弁を剥離して下顎枝外側と内側の骨を露出させた後、下顎枝を下顎小舌(下歯槽神経が下顎骨に入る部位)の後方で垂直に骨切りします。
骨切りします
[3]下顎関節頭を含む後方骨片を外側にずらし、下顎全体を後方に移動します。
移動します
[4]バイトプレートを介して術前に計画した位置で顎間固定します。
固定します

Köle法

下顎前歯部(左右の犬歯間)を下顎骨体から切り離して後方移動(セットバック)、前方移動、挙上、低下させることのできる施術です。Wassmund法と同様に術式が容易で臼歯部(奥歯)の噛み合わせが変わらないため一般的に美容外科で用いられることの多い施術ですが、SSROやIVROのように下顎全体を移動させることはできません。


[1]左右の第一小臼歯を抜歯します。
抜歯します
[2]左右の犬歯と前歯部の粘膜を切開し、骨切りする部位の粘膜を剥離します。
剥離します
[3]術前に設計した部分の骨をサジタルソー、レシプロソーなどをもちいて切除します。オトガイ神経の近くはソノペットという超音波切削器具で神経に影響が出ないように慎重に骨切除をおこないます。 
に骨切除をおこないます
[4]下顎前歯部骨片を後方に移動し、チタンプレートを用いて術前に設定した位置で固定します。
補強固定のため左右の犬歯と第二小臼歯をワイヤーで結紮します。 上顎と同様に術前に精密骨模型上で適合させたチタンプレートとプラスティックシーネを装着することで正確な位置で固定できます。
固定できます

矯正歯科治療

矯正装置を気にしない人、時間がかかっても良いという方には矯正歯科治療をおすすめいたします。下顎前歯部を後方に下げながら歯並びも美しくすることができます。
歯に矯正用ブラケットを介して矯正用ワイヤーを装着し少しずつ歯を移動させて口元突出を改善する方法です。手術とことなり一期に口元を整えることはできませんが、上下顎前歯部を後方に移動させつつ全体的に歯並びを美しく整えることができます。また手術の腫れによるダウンタイムがありません。
歯並びや歯の大きさにもよりますが通常上下の第一小臼歯を抜歯して歯を並べる隙間を作り前歯部を後方に移動させながら歯並びも整えてゆきます。口を開けた時に矯正装置が目立たないようにホワイトワイヤーや透明ブラケットを使用します。症例によっては装置を歯の裏側に装着することもできます。


[1]左右の第一小臼歯を抜歯します。
抜歯します
[2]輪ゴムや小さなスプリンングで前歯部の歯並びを整えつつ後方に後方に引き下げます。平均して1年くらいで移動が完了します。その後、透明なマウスピースのような固定装置を移動期間と同期間はめておき治療が完了します。
完了します

手術データ

 施術時間 3時間
 麻酔 全身麻酔
 痛みの度合い レベル3
 ダウンタイム 夜間ギブス固定:平均1週間腫れのおさまり:3mo(下記へ)
 メイク お化粧は可能です。
 シャワー 体が温まり過ぎない程度に可能
 食事 翌日の診察後から

◇腫れのおさまりについて
術後3日ごろがピークでその後徐々に引いてゆき2週間程度で手術による腫れは消失します。その後、むくみは残り3ヶ月程度で落ち着きます。

▲ページ上部へ

  1. 東京の美容整形・美容外科「マックスファクス銀座クリニック」TOP
  2. 診療案内
  3. 受け口