スマートフォン版を表示

美容外科マックスファクス銀座クリニック ドクター紹介

  • サイトマップ
  • 0120-066-426
  • メール相談
  • 予約フォーム
  • 0120-066-426
  • メール相談
  • 予約フォーム
ドクター紹介

ドクター紹介

ベテラン専門医達によるチーム医療

ドクター紹介

ベテラン専門医達によるチーム医療

口腔外科医と美容外科医がタッグを組むことで高度な施術を可能とします。

院長 渡邊 裕之 HIROYUKI WATANABE

医学博士
(社)日本口腔外科学会認定専門医
(社)日本口腔外科学会認定指導医
日本口腔外科学会会員
アジア口腔顎顔面外科学会会員
AO Alumni member
国際口腔癌会議フェロー

主な経歴

1960年 10月2日 山口県出身 天秤座 A型
1989年 岐阜歯科大学卒業
1989年 東京医科大学口腔外科学講座に入局
口腔顎顔面領域の外傷、腫瘍、再建手術、顎変形症治療を中心に研鑽を重ねる。
2001年 ドイツ アルバートルードヴィヒ大学口腔顎顔面外科 Prof. R. Schmelzeisen
2002年 イギリス モリストン病院顎顔面外科Mr. A. W. Sugar
フィンランド ヘルシンキ大学口腔顎顔面外科 Prof. C. Lindqvist
の元で顎変形症手術、外傷後顎変形治癒に対する手術、顎顔面領域の再建手術を中心にさらに研鑽を積む。
2004年 東京医科大学退職
2005年 8年間大手美容外科で美容顎顔面外科の経験を積む。
2013年 リッツ美容外科、セレスティアルクリニック東京
2014年 日本初のマキシロフェイシャルサージェリー(顎顔面口腔外科)を専門とするマックスファクス銀座クリニックを開院する。

受賞歴

1984年 岐阜歯科大学特待生
1999年 日本口腔外科学会総会「口腔癌の増殖抑制」でシンポジストとして講演し感謝状を賜る。
2000年 論文名「口腔扁平上皮癌におけるIL-2遺伝子の発現とフィブロネクチンの関係」が日本口腔外科学会雑誌 の1999年度年間優秀論文3編に選出され1999年度の日本歯科医学会の代表論文として2000年発行のDentistry in japanに掲載される。
2001年 ICOOC(国際口腔癌会議)より上記論文で優秀賞を授かる。

 

医師 吉見 公一 KOUICHI YOSHIMI

日本形成外科学会会員
日本皮膚科学会会員
日本レーザー医学会会員

主な経歴

1964年 5月5日 熊本県生まれ長崎県育ち おうし座 AB型
1990年 長崎大学医学部卒業
1990年 慶應義塾大学病院にて形成外科
1991年 大手美容外科勤務
1995年 大城クリニックにて美容皮膚科、レーザー治療
1997年 大塚美容形成外科にて美容外科、その他美容外科で院長を歴任。
2013年 リッツ美容外科 東京院
2014年 マックスファクス銀座クリニック、大塚美容外科 名古屋院

 

デジタルテクノロジーを駆使したヨーロッパの先端医療技術を提供します。

スーパーバイザー Prof.シュガー,Mdhc Mr Adrian W. Sugar FDSRCS(Eng/Ed)

英 モリストン病院 指導外科医。ウェールズ大学病院。名誉コンサルタントサージョン。Cartis センター長

英 モリストン病院 指導外科医。ウェールズ大学病院。名誉コンサルタントサージョン

Cartis センター長

主な経歴

再建外科の先端テクノロジー開発センターであるカーティスの代表。
カーティスではコンピューターによる3Dアナライジング、3Dプリンティングなどのデジタル技術を用いた手術法や手術器具、オーダーメイドインプラントなどの開発を行っている。
イギリスのモリストン病院で指導外科医(クレフト、顎顔面外科)、ウェールズ大学病院で名誉コンサルタントサージョンを兼任。
専門領域は頭蓋顔面変形症、頭蓋顔面外傷、頭蓋顔面インプラント、口腔インプラント、骨再生療法、3Dイメージングによる手術のプランニングなど多岐にわたる。26年以上にわたり多くの顎顔面外科のスペシャリストを育成している。

▲ページ上部へ

  1. ドクター紹介