スマートフォン版を表示
  • サイトマップ
  • 0120-066-426
  • メール相談
  • 予約フォーム
  • 0120-066-426
  • メール相談
  • 予約フォーム

術前の分析方法

術前の分析方法

シミュレーションに基づく正確な施術

医師の経験則による高性能グラフィックスシミュレーション

 当院は、シミュレーションをカウセリング時と術前に行っています。カウンセリング時のシミュレーションと術前シミュレーションは内容が大きく異なります。
 カウンセリング時のシミュレーションは患者様の要望を医師がお聞きして、必要な施術を選択します。デザイナーが開発した特殊なグラフィックソフトを使用して、予想写真を作成します。医師の経験則で予想した術後の結果を様々な方向から確認できます。患者様の要望をイメージ化することが主たる目的で行います。

高性能グラフィックスシミュレーション

CTの解析を行い分析結果から理想とするお顔になるための値を求めます。

 一方術前シミュレーションは3DCTやセファログラム(頭部X線規格写真)、精密骨格模型、歯列模型から予定される手術に必要なデータ取りを行います。顔面骨格分析はセファログラムを用いたセファロ分析が基本となります。セファログラム上で基本となる計測点を決めて各計測点間の距離や角度を計測します。通常のセファログラムでは左右、前後の骨が重なり合って計測点がわかりずらい場合があります。そこで当院ではセファログラムに3DCT像をスーパーインポーズして顔面骨上の計測点を明確にして計測誤差を少なくしています。

3DCT上にセファログラムをスーパインポーズします

 主にJaraback(ジャラバック)分析法、Surgical(サージカル)分析法という解析方法を用いていますが、分析結果と実際の顔面骨格模型および歯列模型上での実測値を照らし合わせて必要な場合は他の分析法も併用します。セファロ分析と骨格模型分析、歯列模型分析をすることで患者様の顔面骨格の問題点を明確にすることができます。

患者様の顔面骨格の問題点を明確にすることができます

 ついでシミュレーションソフト上で模擬手術を行い、カウンセリング時に作成したシミュレー ション写真を参考にして骨の移動量、移動方向を決定します。

骨の移動量、移動方向を決定します

模擬手術から施術箇所の正確な位置を導き、手術の準備をします。

 さらに骨格模型で模擬手術を行い、シミュレーションソフト上で設定した骨の移動距離や移動 方向を確認し問題があれば修正します。このようにして決定した骨の移動量や移動方向は骨格模型上で骨切り線に合わせて作成した金属プレートや上顎位置決め用の特殊装置であるMSP(Maxillary Segment Positioner)で手術時に再現ができます。噛み合わせが変わるような手術の場合(SSRO、IVRO、Wassmund、Köle、Le Fort type1等)はレジン製歯列付き骨模型でレジンシーネを作成しておくことで正確な骨の移動と固定ができます。プロテーゼを用いるような施術の場合は軟組織付きの骨模型を用いてプロテーゼの大きさや形を決定することも可能です。

誤差のない位置決めと、正確にデザインされたプレートで模擬通りの手術が行えます

▲ページ上部へ

  1. 術前の分析方法