スマートフォン版を表示
  • サイトマップ
  • 0120-066-426
  • メール相談
  • 予約フォーム
  • 0120-066-426
  • メール相談
  • 予約フォーム

顔の脂肪注入

高純度の自家脂肪でほほの凹み、ほうれい線のシワなどを解消

顔の脂肪注入について

顔への脂肪注入でふくよかで健康的な表情へ

 痩せこけた頬や浮き上がった頬骨は、不健康且つ老けて見られる原因となります。顔の脂肪注入術は、そのような顔に程よくふっくらした頬を与え、健康で若々しい表情を作り出す手術です。頬をはじめ、法令線、目の上にできたくぼみなどの脂肪層にできた凹みを改善する方法です。
 この手術では、ご自身の脂肪を抽出し注入します。自己細胞を注入するためアレルギー反応も出ず、定着すると外見・触感共に自然に仕上がります。

顔の脂肪注入について

  • 頬が痩けて不健康に見える方
  • 目の上下の部分の窪みが気になる方
  • こめかみの窪みが気になる方
  • ほうれい線のシワが気になる方

脂肪注入のステップ

 脂肪がついている場所から採取して、脂肪細胞の不純物を取り除いてから、シワや陥没部分に注入し、ふくよかで健康的な表情を回復させます。

1. 脂肪を抽出

 脂肪を採取する箇所は、腹部や大腿部、臀部の皮下脂肪で手術痕が目立たない場所を選びます。そこからカニューレーで脂肪を吸引し、洗浄のうえ赤血球等を除去します。

2. 抽出した脂肪を精製

 脂肪の生着率を上げるために、遠心分離機にかけて、濃度の高い脂肪を精製します。
不純物が含まれている液体を吸い取り、上層に溜まった軽い脂肪層を除去します。残った脂肪幹細胞が豊富な重さのある脂肪を選別していきます。

 上記のような従来の方法で脂肪を精製すると、繊細な脂肪細胞は少なからずダメージを受けてしまいます。オプションとして汚染リスクを最小限に抑え、不純物の少ない脂肪精製が可能なピュアグラフト®がございます。

3. テクニックを駆使した注入法

 たとえ濃度の高い脂肪を用意しても、仕上がりは注入技術によって大きく左右します。当院ではベテラン医師がテクニックを駆使し丁寧に注入いたします。
 大きな塊として脂肪が生着すると、しこりや凹凸の原因となります。そのため、細めの注入針で、脂肪細胞を少量ずつ、小さい粒になるよう細かく注入する必要があります。そうすることで生着率も上昇します。

ピュアグラフト®について

 脂肪を定着させるには、脂肪から不純物をきれいに取り除くことが重要です。
主に死活細胞・血液・油分・水分からなる不純物は、注入した脂肪の壊死や石灰化、しこりの原因となります。ピュアグラフとは採取した脂肪をろ過して、不純物の少ない脂肪を精製する装置です。

 ピュアグラフトによる脂肪精製は、特殊な2層のフィルターを通して脂肪をろ過することで、高い割合で不純物を除去します。1%の油滴と、5%以下の血液しか含まれないという研究報告があります。(ピュアグラフト ホームページより)

 また、採取から注入まで滅菌閉鎖回路で行われるため、脂肪細胞の汚染リスクを最小限に抑えることが可能です。同時に空気への接触がほとんどなく、脂肪細胞の劣化も防がれ、活性状態を保つこともメリットです。およそ15分という短い精製時間で、吸引した脂肪をすぐに注入できます。

 このように、清潔で、非常に不純物の少ない脂肪細胞を鮮度を保ったまま注入が行えるので、従来の脂肪精製よりも高い定着率が期待出来ます。

ピュアグラフトについて

顔の脂肪注入箇所について

顔の脂肪注入箇所について

顔の脂肪注入術は、顔の様々な部分がその対象となります。患者様のお悩みに合わせて注入箇所が選択できます。以下がその代表的な箇所になります。

◆頬
痩せこけた頬や浮き上がった頬骨は、やつれた印象をあたえる原因となります。しかし、その部分だけをふくよかにすることは、ご自身の努力では困難です。脂肪を注入することでそれが可能となります。

◆こめかみ及び、目の上の部分
こめかみ部分及び目の上の窪みには、周辺部に適量の脂肪を注入することで、ふくよかさを出し健康的な表情へ導くことができます。目の下の脂肪注入は、凹凸ができやすいため注入は行いません。その場合は、外科的手技での改善をおすすめしています。目のクマより下、頬の上部であれば、脂肪注入が可能です。

◆ほうれい線
笑顔と共に現れるほうれい線は、老けを象徴的に表します。脂肪を注入することでそれを解消することができます。

手術の方法

脂肪注入


[1]医師が入念なカウンセリングにより、患者さまのご希望とお顔の現状を分析いたします。カウンセリングの結果に基づき、注入箇所の詳細なデザイン図を描いていきます。
糸の挿入点のデザインを行います
[2]麻酔を施し、ご希望の箇所( 腹部や大腿部、臀部の皮下脂肪 )から丁寧に脂肪を吸引して採取します。
顔の脂肪注入に必要な脂肪量はわずかですので、最小限の負担で脂肪を採取いたします。
丁寧に時間をかけて糸を挿入
[3]脂肪は生理食塩水で洗浄して不純細胞を除去します。続いて遠心分離にかけて、重い良質な脂肪だけを選別します。または、ピュアグラフを使用し、不純物をろ過して純度の高い脂肪を精製します。
合計6~12本入れると効果的
[4]一カ所に多量に注入せず、数カ所に少しずつに注入していきます。施術直後に、施術部分を冷却することにより腫れを抑制します。
糸を慎重に引っ張りリフトアップのバランスを調整

手術データ

 施術時間 1カ所約30分
 麻酔 局所麻酔
 痛みの度合い レベル2
 ダウンタイム 脂肪採取部位・脂肪注入部位、1〜2週間
 メイク 創部に注意すれば翌日から可能
 シャワー 顔は1週間後
 通院 2回

▲ページ上部へ

  1. 顔の脂肪注入