スマートフォン版を表示

口角を上げるの施術についてのご案内

  • サイトマップ
  • 0120-066-426
  • メール相談
  • 予約フォーム
  • 0120-066-426
  • メール相談
  • 予約フォーム

口角を上げる

仏頂面に見える垂れ下がった口元を改善

口角を上げる

口角を引き上て自然で明るい表情を

 口角が下がっていると、口を結んだときにへの字を描く形になります。もともとの口唇の形によるものや、加齢により口元の周りの筋肉や衰えが原因です。この特徴により、不機嫌に見られたり、表情に覇気がないといった印象を与えてしまう場合があります。反対に、口角が上がった口元は、常に笑みを携えたような好印象を周囲へ振りまきます。

 このように口角は、その微妙な上下により、表情全体の印象を握る重要な部分です。前向きに捉えれば、口角が上げれば口元は大幅に明るく変化し、他人に好印象を与える表情が作れるといえるでしょう。

口角を引き上て自然で明るい表情を

 微笑んだときにアヒル口やカッパ口のような口元をご希望される方がいらっしゃいます。口元に可愛い印象を与えるとことで若い患者様からのご相談が多く、このような表情を作り出すには、やはり口角がきれいに上がっているというが重要となります。

※アヒル口の形成には、適量のヒアルロン酸注入をおすすめします。詳しくは唇を厚くするページをご覧下さい。「口角を上げる」手術では、基本的にはボトックス注射をオススメします。または外科的手法による口角挙上術を用いて、患者様のご希望に合わせた施術を行います。

この手術以下の方へオススメしています。

  • 口角を引き上げたい方
  • 表情筋の衰えにより口角が「下降」した方
  • 弛んだ頬を少し引き上げたい方

「口角の下降」の原因

 口元の表情には、3つの筋肉が司っています。口角の引き上げる作用を担うのが、口角挙筋と大頬骨筋です。前者は目元と口角を、後者は頬と口角を繋ぎます。一方、口角を引き下げる作用は、口角下制筋が担います。口角と顎を繋ぎ、口をへの字に結ぶなどの場合に作用します。「口角の下降」は、口角挙筋と大頬骨筋よりも、口角下制筋が強く働いていることにより起こります。この原因は、主に年齢を重ねることにより、口角挙筋と大頬骨筋が弛緩することにあります。

「口角の下降」の原因

手術の方法

ボツリヌス注射による口角挙上術

 口元と顎を繋ぐ口角下制筋にボトックス注射を施す手法です。口角下制筋の筋力を弱めることにより、口角挙上筋と大頬骨筋の筋力が相対的に増します。これにより口角が引き上がります。外科的手法を伴わない、注射だけの簡単な施術となります。ただし永続的な効果はございません。注射に使用するアラガン社ボトックス®と、ジェネック製剤に該当する安価なニューロノックス(Medy-Tox社 韓国製)をご用意しております。ボトックスは、筋肉の力を緩める働きがあり、シワ取り、エラ張りの修正、ワキガの治療など、幅広く使用されています。


[1]カウンセリングにより口角の状態や角度を確認して、口角挙上に効果的な注入箇所を確認します。 
口角挙上に効果的な注入箇所を確認
[2]ご希望の方には、麻酔テープを貼付けます。
麻酔テープを貼付けます
[3]丁寧にボトックスを注入していきます。
その際、痛みを極力軽減するために冷却をしっかりと行います。施術時間は5分程です。
丁寧にボトックスを注入

外科的手法による口角挙上術

 口角付近で上唇の皮膚を切り取り、ダイレクトに口角を持ち上げる手法です。口角挙筋と大頬骨筋の走りと表情筋による動きの影響を把握することが重要です。
 ただし、皮膚の表面を切開する為、上唇の際に傷跡が残ります。上唇の形状も変化します。
手術によって上唇のボリュームが増える場合があります。中央部が薄い患者様には、ヒアルロン酸注射との併用がより効果的です。上唇のボリュームを出しながら、口角を上げるので、より明るい表情となります。


[1]カウンセリングにより、口角の状態を確認し、口角の形状に合わせたデザイン行います。引き上げたい部位や形状で切開しなければならない長さが変わります。
口角の形状に合わせたデザイン行います
[2]麻酔を施し、必要に応じて口角下筋肉や口角挙筋などを切断し縫い縮めます。
口角下筋肉や口角挙筋などを切断し縫い縮めます
[3]口角の余分な皮膚を削除し、シンメトリーにひき上がるよう考慮し切開部分を縫合します。1ヶ月程度で、傷跡が目立たなくなります。
切開部分を縫合します

手術データ

 施術時間 手術時間 おおよそ60分
 麻酔 局所麻酔
 痛みの度合い レベル2
 ダウンタイム 腫れのおさまり:3日傷跡:1ヶ月~半年
 メイク 腫れの強い術後3日間はおすすめしません。
 シャワー 患部が濡れない程度なら可能
 通院 3回

口角を上げる施術の特徴

  • ボトックスによる施術

    ◇ ボトックスによる施術

    ○メスを入れず注射のみで効果が得られる。
    ○ダウンタイムや痛みが少ない。
    ○効果の程度が弱く、効果の持続性は半年程度。

  • 外科的手法による場合

    ◇ 外科的手法による場合

    ○永続的な効果が期待できる。
    ○口唇の形によって引き上げ具合を調整できる。
    ○傷跡が顔の表面に残る。上唇の形状が変わる。

◆ 口唇の形を分析し、ご希望に合わせて適切な施術をご提案します。
ボトックスか外科的手法によりそれぞれ結果が異なります。

  ボトックスの効果は、3ヶ月〜半年ほどです。口角を上げる程度にもよりますが、効果を永続させるためには通院が必要となります。
 外科的手法は、唇の上に傷跡が残り、思ったほど引き上がらないというリスクがあるため、基本的にはオススメしない施術です。口唇の形状や加齢によってボトックスの効果が認められない場合、または効果を永続させたい方に、ご提案致します。その際、上唇にできる瘢痕や左右の引き上げ具合に細心の注意を払って施術を行います。

口角を上げる施術のよくある質問

※準備中です。

施術の流れ

施術の流れ

輪郭整形、骨格形成、目もと、鼻、耳などの各美容施術のご予約~カウンセリング~手術~術後検診までの流れをご説明致します。

料金表

施術項目

施術項目 金額 (消費税別)
口角(ボツリヌストキシンA,ニューロノックス) ¥21,000
口角(ボツリヌストキシンA,アラガン) ¥42,000
口角挙上術 ¥300,000

初診料 / 術前検査料

初診料

ドクターカウンセリング 実際に施術をするドクターが、 時間をかけて丁寧にカウンセリング致します。 無料

検査料

検査項目 ※手術や処置内容によって必要な検査は異なります。 金額 (消費税別)
術前血液検査 ¥5,000
CT ¥30,000
胸部X線・心電図 ¥10,000
頭部3D骨モデル上顎 ¥55,000
頸部3D骨モデル下顎 ¥40,000
頭部3Dモデル上下顎分離 ¥70,000
歯列模型制作費(上下) ¥10,000

麻酔

麻酔項目 ※手術や処置内容によって麻酔の適用は異なります。 金額 (消費税別)
全身麻酔 (3時間まで) ¥150,000
静脈麻酔 (2時間まで) ¥90,000
硬膜外麻酔 ¥100,000

お支払い方法

現金でのお支払いおよび、患者さまのご都合に合わせて銀行振込、医療ローン・各種クレジットカード・デビットカードがご利用頂けます。

現金支払い
銀行振込
クレジットカード

提携クレジット会社は、VISA、マスター、アメックス、JCB、UC、ダイナース、 ディスカバー、PayPal、銀連となります。 クレジットカード

デビットカード

日本デビットカード推進協議会 ( J-Debit ) に加盟しておりますので デビットカードでのお支払いが可能です。 デビットカード

医療ローン

当院では、銀行が提供する医療ローンをご利用頂けます。 お申し込み、ならびに審査については、お気軽にお問い合わせ下さい。

▲ページ上部へ