スマートフォン版を表示

美容外科 マックスファクス銀座クリニックのフェイスリフトについてのご案内

  • サイトマップ
  • 0120-066-426
  • メール相談
  • 予約フォーム
  • 0120-066-426
  • メール相談
  • 予約フォーム

フェイスリフト

骨格の手術後に皮膚のたるみを伴う方、大幅な若返りを希望する方

フェイスリフト(切開)について

大幅な若返りに大きな効果が期待できる切開を伴うフェイスリフト

 老化は顕著にお肌に現れます。張りを失った皮膚や皮下脂肪がたるみを生じさせてしまうからです。重力に拮抗するための支えを失った組織は、垂れ下がり続けます。このようなたるみの度合いが強い方におすすめなのが、切開を伴うフェイスリフトです。こめかみから、耳介付け根(前方)のラインに沿って切開します。この部分から皮膚を後方に引っ張り、皺とたるみを伸ばします。傷跡は髪の毛の生え際と、耳と側頭部の境界線に同化して時間の経過とともに目立たなくなります。
 骨格の手術を終えた後、年齢の関係で、皮膚がたるむ場合があります。大幅に小顔にする手術を行った時などまれに、小さくなった骨格に皮膚が付いていかなくことが主な要因です。
 例えば、アゴ下の皮膚などがたるむなどの症状が出ます。そのような場合、骨格の手術と同時に部分的なフェイスリフト行うと有効です。

  • 骨格に手術によって皮膚がたるんだ方
  • 顔の皺とたるみの大幅改善を望む方
  • 若い状態のお肌張りを取り戻したい方
  • 傷跡が目立たない方法で手術したい方

見た目の年齢は、皮膚のたるみとシミの印象が大きく作用します。
見た目の年齢は、皮膚のたるみとシミの印象が大きく作用します。

皮膚を大幅にリフトアップさせる方法

  • リガメントのない部分だけが凹むことで、皮膚に凸凹を伴うたるみが生じてしまう
  •  たるみというの現象に大きく影響を与えるのが、リガメント(靭帯)という部分です。これは、顔面の骨と皮膚とを結びつける繊維組織の強固な部分を指します。老化で皮膚がたるんでしまってもリガメントで固定されている部分は、強固な結合力で結ばれています。リガメントのない部分だけが凹むことで、皮膚に凸凹を伴うたるみが生じてしまうのです。
  • 口角やほうれい線の部分まで高いリフトアップ効果が現れます
  •  当院では、フェイスリフトの効果を最大限まで高めるため、リガメント法を採用しています。これはリガメントを切断することで、骨と皮膚との結びつきを排除する方法です。そうした処置の上で皮膚を引き上げることにより、口角やほうれい線の部分まで高いリフトアップ効果が現れます。
  • リフトアップを行い、たるみを解消することができます
  •  もう一つの特徴として、皮膚を骨に固定しているリガメントをはずした上で、そのリガメントをリフトのアンカーとして利用することが挙げられます。これにより、広範囲の皮膚を引き上げることが可能となります。
     また、従来の手術法のように耳前方で、強力に皮膚を引き上げる必要がありせん。そのため、耳介へ悪影響を与えることもなく、傷の引きも早くなります。弛んだ皮膚を引き上げた時に余りとなった皮膚は、耳前方で切除します。この結果、目尻の皺は解消されることになります。頬や顎、首のラインも、その部分に存在するリガメントを切断することで、リフトアップを行い、たるみを解消することができます。

手術の方法

フェイスリフト(こめかみ~頬)


[1]耳介上部の生え際から耳と頬との境目を切開します。
境目を切開します
[2]皮下脂肪の厚さを見極めてSMASの上で筋肉と皮膚を丁寧に剥離して行きます。
筋肉と皮膚を丁寧に剥離
[3]リガメントを切断して、SMASと共に皮膚をつり上げます。
SMASと共に皮膚をつり上げます
[4]皮膚を引き上げて、綺麗に縫合していきます。その際、耳介変形に注意して、丁寧な埋没縫合を施します。
丁寧な埋没縫合を施します

手術データ

 施術時間 手術時間 おおよそ4hour
 麻酔 全身麻酔
 痛みの度合い レベル4
 ダウンタイム 夜間ギブス固定:平均1週間腫れのおさまり:平均3ヶ月
 メイク 腫れがひいたら可
 シャワー 患部を濡らさない程度に
 通院 4回

▲ページ上部へ

  1. フェイスリフト