スマートフォン版を表示
  • サイトマップ
  • 0120-066-426
  • メール相談
  • 予約フォーム
  • 0120-066-426
  • メール相談
  • 予約フォーム

重いまぶたの改善

気だるく眠そうな目からぱっちりとした表情に改善します。

眼瞼下垂の施術について

傷跡が目立たない眼瞼挙筋短縮術と正確な脱脂で生き生きとした目元に

 まぶたは、加齢や筋力の衰えと共に、垂れ下ることがあります。これを眼瞼下垂と呼びます。眼瞼とは医学用語でまぶたを指し、それが下垂する、つまり下がることを意味します。これは、眠たそうな目元を作り出し、ぼんやりとした覇気のない表情の原因となります。また、まぶたがたるみ、目を覆ってしまった結果、視界が狭くなってしまいます。この現象に対抗しようと、前頭筋と呼ばれる、眉毛を持ち上げる役割を果たす筋肉に強い負担がかかり、目の疲労・頭痛・肩こりを引き起こす場合もあります。
 これらの症状を改善し、明るくハッキリとした目元を形成する手術が、眼瞼挙筋短縮術です。皮膚側より施術する方法と、結膜側よりより施術する方法があります。前者では、たるみを取り除くために、二重のラインに沿い切開をします。傷跡が二重ラインと重なることにより、目立つことがありません。後者では、結膜を切開して、眼瞼挙筋を短くする処置をします。これにより、上まぶたが大きく開くことになります。皮膚の裏側を切開するので、傷跡が見えることがありません。この他に、重いまぶたの改善法として、上まぶたの脂肪取りがあります。二重のラインに添ってわずかに切開し、余分な脂肪を取り除きます。これに「戻りにくく切らない二重手術」SMK法をプラスすることで、明るくハッキリとした目元を手に入れることができます。これらの手術は、以下の様な方にお勧めいたします。

  • パッチリした目にしたい
  • まぶたのたるみで目が開きづらい
  • 眠そうな目を改善したい
  • 目の疲労・頭痛・肩こりがある
  • 重いまぶたとの改善と二重を同時に実現したい

手術の方法

眼瞼挙筋短縮術


[1]目に覆いかぶさったまぶたを、理想の形にデザインします。
注入量を決定します
[2]結膜側から上まぶたを切開します。
注入量を調整します
[3]挙筋を縫い縮めます。
ヒアルロン酸を使用
[4]上まぶたが大きく開くことでパッチリとした目元に
涙袋が完成

上眼瞼の脱脂


[1]二重ラインに沿って2mm〜3mmほど切開します。
注入量を決定します
[2]脂肪を丁寧に引っ張り出して取り除きます。
注入量を調整します
[3]二重のライン上ある数ミリ傷跡は、目立たなくなります。一重の方はSMKを併用すると、さらに、ぱっちりとした目元になります。
ヒアルロン酸を使用
[4]左右の脂肪の切除量に配慮し左右対称なすっきりとした目元に
涙袋が完成

手術データ

脂肪取り

 施術時間 手術時間 おおよそ20~30min
 麻酔 局所麻酔
 痛みの度合い レベル2
 ダウンタイム 腫れの治まり:約3日~1週間(個人差あり)
 メイク 当日より可能(目元以外)
 シャワー 当日より可能(目元塗らない程度)
 通院 なし

▲ページ上部へ

  1. 東京の美容整形・美容外科「マックスファクス銀座クリニック」TOP
  2. 診療案内
  3. 重いまぶたの改善