スマートフォン版を表示

重いまぶたの改善の施術についてのご案内

  • サイトマップ
  • 0120-066-426
  • メール相談
  • 予約フォーム
  • 0120-066-426
  • メール相談
  • 予約フォーム

重いまぶたの改善

気だるく眠そうな目からぱっちりとした表情に改善します。

眼瞼下垂の施術について

傷跡が目立たない眼瞼挙筋短縮術と正確な脱脂で生き生きとした目元に

 まぶたは、加齢や筋力の衰えと共に、垂れ下ることがあります。これを眼瞼下垂と呼びます。眼瞼とは医学用語でまぶたを指し、それが下垂する、つまり下がることを意味します。これは、眠たそうな目元を作り出し、ぼんやりとした覇気のない表情の原因となります。また、まぶたがたるみ、目を覆ってしまった結果、視界が狭くなってしまいます。この現象に対抗しようと、前頭筋と呼ばれる、眉毛を持ち上げる役割を果たす筋肉に強い負担がかかり、目の疲労・頭痛・肩こりを引き起こす場合もあります。

 これらの症状を改善し、明るくハッキリとした目元を形成する手術が、眼瞼挙筋短縮術です。皮膚側より施術する方法と、結膜側よりより施術する方法があります。前者では、たるみを取り除くために、二重のラインに沿い切開をします。傷跡が二重ラインと重なることにより、目立つことがありません。後者では、結膜を切開して、眼瞼挙筋を短くする処置をします。これにより、上まぶたが大きく開くことになります。皮膚の裏側を切開するので、傷跡が見えることがありません。

 この他に、重いまぶたの改善法として、上まぶたの脂肪取りがあります。二重のラインに添ってわずかに切開し、余分な脂肪を取り除きます。これに「戻りにくく切らない二重手術」SMK法をプラスすることで、明るくハッキリとした目元を手に入れることができます。これらの手術は、以下の様な方にお勧めいたします。

  • パッチリした目にしたい
  • まぶたのたるみで目が開きづらい
  • 眠そうな目を改善したい
  • 目の疲労・頭痛・肩こりがある
  • 重いまぶたとの改善と二重を同時に実現したい

手術の方法

眼瞼挙筋短縮術


[1]目に覆いかぶさったまぶたを、理想の形にデザインします。
注入量を決定します
[2]結膜側から上まぶたを切開します。
注入量を調整します
[3]挙筋を縫い縮めます。
ヒアルロン酸を使用
[4]上まぶたが大きく開くことでパッチリとした目元に
涙袋が完成

上眼瞼の脱脂


[1]二重ラインに沿って2mm〜3mmほど切開します。
注入量を決定します
[2]脂肪を丁寧に引っ張り出して取り除きます。
注入量を調整します
[3]二重のライン上ある数ミリ傷跡は、目立たなくなります。一重の方はSMKを併用すると、さらに、ぱっちりとした目元になります。
ヒアルロン酸を使用
[4]左右の脂肪の切除量に配慮し左右対称なすっきりとした目元に
涙袋が完成

手術データ

脂肪取り

 施術時間 手術時間 おおよそ20~30min
 麻酔 局所麻酔
 痛みの度合い レベル2
 ダウンタイム 腫れの治まり:約3日~1週間(個人差あり)
 メイク 当日より可能(目元以外)
 シャワー 当日より可能(目元塗らない程度)
 通院 なし

眼瞼下垂の施術の特徴

  • 涙袋形成の施術の特徴

    ◆ ベテラン専門医による左右差のない重いまぶたの改善
    さらにSMKなどの二重手術との組み合わせでパッチリとした理想的な目元に

 重いまぶたの改善手術で、眼窩脂肪の量が多い場合は、切除する脂肪の量により施術後の印象が大きく左右します。片方のまぶたを手術すると反対側のまぶたに調整しようとする脳の働きにより、もう片方のまぶたが下がってしまう場合があります。眼瞼下垂手術は左右差が生じやすく、調整を丁寧に行う必要があります。目の開きを改善するだけでなく、患者様のご要望に合わせた目元を形成するには、事前のカウンセリング及び、デザインの良し悪しがとても重要になります。デザイン・手術ともに、ベテラン医師が担当します。重いまぶたとを改善して、ハッキリとした明るい健康な目元を形成いたします。

重いまぶたの改善のよくある質問

眼瞼下垂が原因でできたと思われるシワに悩んでいます。改善できますか?
 眼瞼下垂は開眼しにくいため、額の前頭筋を収縮させ眉毛を上げることによって目を開けようとします。そのためおでこにシワができてしまいます。眼瞼下垂の手術をすることにより、眉毛を上げて目を開ける必要がなくなり、おでこのシワは改善します。
術後に再び眼瞼下垂が進行してしまうことはありますか?
 眼瞼下垂は一種の老化現象なので、10~20年するとまた下垂してくる可能性はありますが、再度眼瞼下垂の手術をすることにより改善することが可能です。
ボッテリとしたまぶたで、「表情が暗い」「不機嫌そう」と言われます。
 患者様の状態を診察しなければ、明確な回答はできませんが、例として以下のような方法があります。上まぶたの脂肪取り(脱脂)と二重手術を複合的に行い、ハッキリとした目元へ改善することにより、明るい表情に変えることができます。
眼瞼下垂が原因による頭痛・肩こり・冷え性・不眠等は、改善できますか?
 眼瞼下垂により、まぶたが開きにくくなると、この症状に対処するために、ミュラー筋(眼瞼を持ち上げる筋)を収縮させることにより、まぶたを開かせます。このミュラー筋の収縮には交感神経の緊張が伴います。結果として、頭痛・肩こり・冷え性・不眠等が生じるのです。眼瞼下垂が原因によりこれらの症状があった場合、手術による改善が可能です。
眼瞼下垂手術での縫合において、まぶたに糸が残りますか?
 眼瞼下垂手術では、医療用に開発された特殊で安全な糸を使用します。これは、心臓などの臓器手術に使用されるものと同じものです。手術後はこれらの糸がまぶた内に残ることになりますが、身体に悪影響を及ぼすようなことや、皮膚から飛び出すようなデメリットはありません。
眼瞼下垂手術後の傷が、目立ってしまうことはありますか?
 眼瞼下垂手術には、皮膚側からと施術する方法と、結膜側より施術する方法に別れます。前者では、二重ラインが傷跡と重なるため、目立ちにくい仕上がりとなります。後者では、皮膚の裏側を切開するため、傷跡が外側から見えることがありません。
術後、何日くらい経過したらメイクをすることができますか?
 結膜側からの切開による眼瞼下垂手術では、術後すぐにメイクが可能です。切開部が皮膚の裏側のため、表層部のメイクには影響を与えないからです。また、皮膚側からの切開による眼瞼下垂手術では、術後すぐのメイクが可能です。(但し、まぶたは抜糸まではできません)
手術後、腫れが引くまでにどのくらいの日数がかかりますか?
 皮膚側からの切開による眼瞼下垂手術では、まぶた周辺の腫れは5~6日で引きます。一方、結膜側からの切開による同手術では、4~5日で引きます。なお、前記日数には個人差があります。
埋没法(二重手術)を用いて、眼瞼下垂を治療することは可能ですか?
 患者様の状態を見なければなんとも言えませんが、可能ではあります。上まぶたを持ち上げるために、埋没法を用いて幅の狭い二重を形成します。このようにすると目の開閉がスムーズになります。

施術の流れ

施術の流れ

輪郭整形、骨格形成、目もと、鼻、耳などの各美容施術のご予約~カウンセリング~手術~術後検診までの流れをご説明致します。

料金表

施術料金

施術項目 金額 (消費税別)
上まぶた脂肪取り (片側) ¥100,000
(両側) ¥180,000
眼瞼下垂 (皮膚側) (片側) ¥180,000
(両側) ¥300,000
眼瞼下垂 (結膜側) (片側) ¥210,000
(両側) ¥360,000

初診料 / 術前検査料

初診料

ドクターカウンセリング 実際に施術をするドクターが、 時間をかけて丁寧にカウンセリング致します。 無料

麻酔

麻酔項目 ※手術や処置内容によって麻酔の適用は異なります。 金額 (消費税別)
局所麻酔 施術費用に含まれます。
静脈麻酔 (2時間まで) ご希望の場合 ¥90,000

お支払い方法

現金でのお支払いおよび、患者さまのご都合に合わせて銀行振込、医療ローン・各種クレジットカード・デビットカードがご利用頂けます。

現金支払い
銀行振込
クレジットカード

提携クレジット会社は、VISA、マスター、アメックス、JCB、UC、ダイナース、 ディスカバー、PayPal、銀連となります。 クレジットカード

デビットカード

日本デビットカード推進協議会 ( J-Debit ) に加盟しておりますので デビットカードでのお支払いが可能です。 デビットカード

医療ローン

当院では、銀行が提供する医療ローンをご利用頂けます。 お申し込み、ならびに審査については、お気軽にお問い合わせ下さい。

▲ページ上部へ