スマートフォン版を表示

美容外科 マックスファクス銀座クリニックの鼻フィラー ( 注入で鼻を高く )についてのご案内

  • サイトマップ
  • 0120-066-426
  • メール相談
  • 予約フォーム
  • 0120-066-426
  • メール相談
  • 予約フォーム

鼻フィラー ( 注入で鼻を高く )

手術をせず手軽に鼻を高くしたい方、鼻のラインを整えたい方

鼻フィラー (ヒアルロン酸 / レディエッセ 注入で鼻を高くする)

鼻全体のバランスをみて自然な仕上りを重んじた丁寧な注入法

鼻全体のバランスをみて自然な仕上りを重んじた丁寧な注入法

 鼻の低さを改善するために、プロテーゼや自家組織を移植して、隆鼻術を行う以外に、ヒアルロン酸やレディエッセ® を使って高くしたい部分の皮膚下に注入する方法があります。
 メスを使用せず、注射をするだけなので比較的気軽に受けていただけます。術後の腫れや痛みもほとんどありません。ヒアルロン酸は体内に吸収されても安全な成分で作られています。ヒアルロン酸成分が体内に吸収されることにより、効果の持続には限りがあります。(半年~1年。個人差あり)
 このように、ヒアルロン酸などを充填し、一時的に隆鼻効果を得る治療方法をフィラー注入といい、鼻のプチ整形を代表するものです。当院はベテラン医師によって、適切な注入量を守り正確な箇所に注入できるように様々な方法を工夫を凝らしています。

  • 鼻筋が低いので高くしたい。
  • 鼻筋を改善して目を大きく見せたい。
  • メスを使わず手軽に鼻筋を高くしたい。
  • 術後に休みを必要としない方法で鼻筋を改善したい。

ヒアルロン酸とレディエッセの違い

 ヒアルロン酸と同様に、隆鼻術に効果的なのがレディエッセです。レディエッセとは、歯や骨を形成する成分「カルシウムハイドロキシアパタイト」が主成分の物質です。
 非動物由来成分のためアレルギー反応も起きません。元々、しわの解消のために使用されている注入剤を、鼻筋を高くすることに利用するのがこの手法です。
 粒子が大きく硬いことにより、隆鼻術などの高さを出す必要がある手術に向いています。ヒアルロン酸に比べ、ある程度硬さを出せます。また、ヒアルロン酸よりも持続期間が長い(1年~1年半。個人差あり)ことも特長です。これは、注入によりコラーゲンが生成されることにより生じる利点です。手術はヒアルロン酸と同様の方法です。注射にて行い、10分程度で終わります。

  • レディエッセ
  • レディエッセのメリット
    □ヒアルロン酸に比べ長持ちする
    □注入量が多くてもブヨブヨせずに硬い
    □アレルギー反応が出づらい
    □ヒアルロン酸に比べシャープな形状が期待できる。

 当院では、鼻を高くする場合の注入法ではレディエッセよりヒアルロン酸をオススメすることが多いです。使用するヒアルロン酸ジュビダームビスタ® ウルトラ プラスXCは、従来のヒアルロン酸に比べ持続時間が長く、適度な硬度もあり安全性が高い上、細かなデザイン調整が行えるという利点があるからです。

  • 注射器
  • ヒアルロン酸のメリット
    □注入したものを溶解して戻せる
    □注入の痛みがレディエッセに比べ軽微
    □レディエッセよりダウンタイムが短い
    □施術中に腫れが出ないため正確な注入ができる
    □レントゲンに写るレディエッセに比べ、ヒアルロン酸は写りません(陰になるなど例外はあります)

痛くない、長持ちのための工夫

  • ジュビダームビスタ
  • ヒアルロン酸針、レディエッセ針

 当院のヒアルロン酸(フィラーによって鼻を高くする場合)はジュビダームビスタ® ウルトラ プラスXCを採用しています。安全性に実績のある生体適合性100%、非動物性でヒアルロン酸です。日本で唯一厚生労働省に承認されています。
 このヒアルロン酸には麻酔剤が含まれているため施術後の痛みが軽減されます。さらに注入針には、先端が細く丸みを帯びた鈍針を使用して、痛みを最小限に押さえるよう努めています。これは、マイクロカニューレといわれ、通常針(採血などに使用する針)よりも針先が細く長いといった特徴があります。丸みを帯びた細長い針を活かし、血管を傷つけないようフレキシブルに針を動かすことができます。針の先端に溝ができておりそこから広範囲にヒアルロン酸を注入可能です。

ベテラン医師による注入法

 滅多に起こりえませんが、ヒアルロン酸が血管に誤って注入された場合や、多く入れすぎて血管が圧迫されると血流障害を起こすことがあります。それにより、皮膚の壊死、視力低下など重大な合併症が報告されています。鼻フィラーは手軽な施術ですが、当院では安全性を重んじ、丁寧なカウンセリングのもと経験豊富な医師が注入を行います。

  • マイクロカニューレでの挿入

    1. マイクロカニューレでの挿入

  • 通常の針で挿入

    2. 通常の針で挿入

 1.マイクロカニューレで挿入する場合
 針を刺す場所が一カ所のため刺入する針跡が少なく、針先が丸くなっているため血管を傷つけないため内出血が出づらいです。しかし、ヒアルロン酸が広がりやすく、綺麗に一直線のラインを形成しづらいため、細かなデザインを行うことが難しいです。

 2.通常の針を利用して数カ所に注入する
 注入する時に微妙の量が調節できる上、針を刺す場所も自由に選択できるため、細かなデザインが出来ます。注入後も患者様の要望に合わせて微調整が可能です。仕上りを重視する場合はこちらの方法をとります。

手術データ

 施術時間 おおよそ10分
 麻酔 なし(注入剤局所麻酔入り)
 痛みの度合い レベル1
 ダウンタイム なし
 メイク 針跡を避けて化粧可能
 シャワー 当日可能
 通院 なし

▲ページ上部へ

  1. 鼻フィラー ( 注入で鼻を高く )