スマートフォン版を表示

美容外科 マックスファクス銀座クリニックのエラボトックスについてのご案内

  • サイトマップ
  • 0120-066-426
  • メール相談
  • 予約フォーム
  • 0120-066-426
  • メール相談
  • 予約フォーム

エラボトックス

咬筋が発達してエラが張っているように見える、小顔にしたい方

エラボトッスについて

アラガン社のボトックス・ボツリヌストキシンを使用しエラ張りを解消

 エラが張っているように見える原因は、主なものとして2つあります。骨の突き出しによるケースと、筋肉が過度に発達しているケースが考えられます。ご自身でエラ張りを認識する手段として、以下のような方法があります。

  • エラ張りを解消
  • ①耳あたりを手で触れてみる
    ②奥歯を噛みしめる
    ③耳の下に膨らみが出る▶咬筋が張っている可能性が高い
    ④耳の下に膨らみが出ない▶骨が張っている可能性が高い
     (かなり張っている場合は両方の可能性もあります)

 このようなエラ張りを気軽に解消できるのが、ボトックス(ボツリヌストキシン)による注射になります。ボトックス・ボツリヌストキシンは、筋肉の収縮を抑制します。
 筋肉は動かないと細くなっていきます。通常、注射の後約1ヶ月ほどでエラの張りが落ち、スマートな細い小顔のフェイスラインへと変化します。効果持続期間は個人差がありますが、一般的に6ヶ月です。また、注射を繰り返すことにより、効果持続期間はさらに長くなり、筋肉の縮小度も伸びます。

  • エラ張りを抑えたい方
  • 切開や骨切りを伴わず気軽に小顔を実現したい方
  • 突然の極端な変化は望まず、徐々に改善したい方

ボトックスとは?

  •  ボトックス®とは、たんぱく質の一種です。アメリカで最初に開発され、美容医療の分野において多く用いられてきました。
     ボツリヌス菌から抽出されたボトックスは、神経筋接合部においてアセチルコリンレセプターをブロックすることにより、筋肉収縮をできなくする効果があります。エラ張りの部分に注射することにより、筋肉の収縮を抑えて、筋肉を萎縮させ、張りの解消へと導きます。
     当院のボトックスは、高い効果・安全性と実績を持つボトックスビスタ(アラガンジャパン社 アメリカ製) です。ボトックスビスタは(FDA(米国食品医薬品局)や厚生労働省の認可も受けており、日本人での安全性・効果が確認されています。-5℃の冷暗所にて厳密な品質管理体制のもと、輸入・保管しています。世界トップシェアを誇り、確かな安全性、高い効果は多くの症例により医療機関で指示されています。
  • ボトックスビスタ
  •  アラガン社ボトックス®のジェネック製剤に該当するニューロノックス(Medy-Tox社 韓国製)もご用意しております。低価格でボトックス®とほぼ同等の効果を得ることが可能です。ニューロノックスは、KFDA(韓国食品医薬安全庁)の認可された安全な製剤です。韓国の正規業者から厳密な管理体制で納入しています。
  • ニューロノックス

ボトックス注射の技術について

  • 注射の技術について
  •  エラ張りを解消するためには、ボトックスを咬筋と呼ばれる筋肉へ注射をします。
     1回の注射で最大限の効果を挙げるためには、骨格や筋肉の構造を熟知している必要があります。
     当院は骨切りを専門としたクリニックですので、それらの高度な知識を持ったベテラン医師が患者さまに合わせたカウンセリングをいたします。
     状態と要望を十分に把握した上で、それに合わせた注射位置と挿入深度、無理のない注入量を弾き出します。
     これらのカウンセリングデータと熟練の注射技術により咬筋の肥大を解消し理想のフェイスラインへ導きます。

手術の方法

エラボトックスの施術


[1]カウンセルングにて、患者さまのご要望を十分に把握します。エラ張りの原因となる咬筋の位置をマーキングします。ご希望の方は、注射位置に麻酔クリームを塗布する場合もあります。
咬筋の位置をマーキング
[2]咬筋に数カ所、丁寧にボトックスを注入していきます。
その際、痛みを極力軽減するために冷却をしっかりと行います。
丁寧にボトックスを注入
[3]ボトックスが拡散しないようにしっかりと冷却して状態を確認します。他の筋肉に作用しないようになります。
冷却して状態を確認

手術データ

 施術時間 10分程度
 麻酔 なし(麻酔クリームを塗布する場合はあります)
 痛みの度合い レベル0
 ダウンタイム なし2~3日から効果が現れます
 メイク 施術当日から可能
 シャワー 施術当日から可能
 通院 半年~1年に1回の施術をオススメします

▲ページ上部へ

  1. エラボトックス