スマートフォン版を表示

美容外科 マックスファクス銀座クリニックの特徴・ご質問についてのご案内

  • サイトマップ
  • 0120-066-426
  • メール相談
  • 予約フォーム
  • 0120-066-426
  • メール相談
  • 予約フォーム

特徴・ご質問

正面や横からの出っ張り、腫れぼったさが気になる方

エラ削りの特徴

  • EZカンター法
  • 口腔内法
  • ◆ EZカンター法
    ○ダウンタイムが早い。
    ○剥離面が小さいので腫れが少ない。
  • ◆ 口腔内法
    ○顔の表面に傷が残らない。
    ○独自のプレートにより左右差の
    出ない骨切りが可能。

 EZカンター法はオトガイ下に若干(1㎝程度)の傷跡がのこりますが、口腔内に切開を加えないため術後感染のリスクが低く、削る範囲の骨膜しか剥離しないため術後の腫れが比較的少ないという利点があります。
 一方、口内法ではお顔の表面に傷跡は残りません。また患者様の模型上で作成したガイドを使用し、直接下顎骨を見ながら手術を行えるため左右差の少ない、小さく美しい輪郭を形成できます。
 下顎骨外板切除術においては下歯槽神経への障害が起きないように術前に患者様の3DCTと骨模型で神経の位置を確認し、模擬手術を行って手術の安全性を確認いたします。

▲ページ上部へ

  1. 特徴・ご質問