スマートフォン版を表示

美容外科 マックスファクス銀座クリニックの特徴・ご質問についてのご案内

  • サイトマップ
  • 0120-066-426
  • メール相談
  • 予約フォーム
  • 0120-066-426
  • メール相談
  • 予約フォーム

特徴・ご質問

正面や横からの出っ張り、腫れぼったさが気になる方

エラ削りの特徴

  • EZカンター法
  • 口腔内法
  • ◆ EZカンター法
    ○ダウンタイムが早い。
    ○剥離面が小さいので腫れが少ない。
  • ◆ 口腔内法
    ○顔の表面に傷が残らない。
    ○独自のプレートにより左右差の
    出ない骨切りが可能。

 EZカンター法はオトガイ下に若干(1㎝程度)の傷跡がのこりますが、口腔内に切開を加えないため術後感染のリスクが低く、削る範囲の骨膜しか剥離しないため術後の腫れが比較的少ないという利点があります。
 一方、口内法ではお顔の表面に傷跡は残りません。また患者様の模型上で作成したガイドを使用し、直接下顎骨を見ながら手術を行えるため左右差の少ない、小さく美しい輪郭を形成できます。
 下顎骨外板切除術においては下歯槽神経への障害が起きないように術前に患者様の3DCTと骨模型で神経の位置を確認し、模擬手術を行って手術の安全性を確認いたします。

エラ削りのよくある質問

顔の表面に傷は残りますか?
 通常の下顎角形成(エラ削り)は全て口腔内からアプローチしますので傷跡は残りません。
 EZカンター法のみアゴ下に1cm未満の小さな傷跡が残ります。
エラ削りで骨の切ったところは、切りっぱなしだからガタガタですか?
 骨を切ったところは特殊な骨切り用のヤスリでスムースにならします。また、時間の経過により細かな凹凸は埋まります。
整形でエラを削り過ぎました。元に戻したいです。
 削りすぎたエラを元に戻すには人工骨でインプラントを作成しなくてはなりません。エラ削りをするときにCTを撮影していたのであれば元のエラの形はほぼ完璧に再現できます。ただし人工骨は歳をとるとご自分の骨と形が合わなくなる可能性があります。
外から見てアウトラインがカクカクしてエラを削ったのが丸わかりな感じは嫌です。
 当院は3D骨模型や模型上で形成した特殊なチタンプレートのガイドラインを駆使しデザインには細心の注意を払っています。
 いわゆるダブルノッチというエラの角か二つできる不自然なデザインや切断面がガタガタになるようなことはありません。
バッファルカットを一緒に切除したいです。
 同時に施術可能です。
エラボトックスだけでなんとかエラの張りは解消されませんか?
 エラが張っている人のほとんどの方が咬筋という筋肉も発達しています。エラの骨の外側への張り出しが少ない人はエラボトックスだけでもかなりエラは目立たなくなります。
 エラの骨の外側への張り出しが大きな場合はボトックスを撃ちすぎると骨の飛び出しが強調されるようになり、頬がこけて見えるようになりますので注意が必要です。
SSROとエラ削りを併用できますか?
 アゴの突出や後退がある場合は可能です。SSROにより下顎枝が内側に移動します。さらに下顎形成(エラ削り)や外板切除を行うことで下顎のボリュームを大幅に小さくすることができます。SSROと外板切除は同時に行うことはできません。SSROの経過を追い、骨がくっついた段階で外板切除を行います。
もっとエラをなくしたいのに、どうしてこれ以上無理なんですか?
 下アゴには下歯槽神経という太い神経が走っていて、それを傷つけると痺れや感覚がないなど様々な問題が発生します。そのため、下歯槽神経が走行するラインをまたいだエラ削りは本来できません。 模型や3DCTで、神経の位置を確認してながら安全に施術を行っています。
 ご希望の場合は、ギリギリのラインで骨切りを行うか、神経移動術で下歯槽神経を移動させて任意のラインで骨きりを行います。神経移動術は、別途料金が発生します。
神経の位置のせいで、左右のエラがシンメトリーにならないかも。
 下歯槽神経の走向が左右非対称な方で、理想とする位置で下顎角形成をすると、(左右のどちらか)下歯槽神経に及んでしまうことがあります。その場合、片方だけ神経を避けるように骨切りをすると、エラのアウトラインが左右で違ってアンバランスになります。そうならないように、左右どちらも下歯槽に及ばないラインを再検討します。
 もしくは、下歯槽神経に及んでしまう方を神経移動術で移動させてエラ骨切りを行うと理想の位置で骨切りが可能となります。
エラが左右非対称です。エラ削りで治りますか?
 エラの左右を非対称を治す方法は、その原因によって異なります。エラの大きさや、形に左右差があり、小さなエラに合わしたい場合は大きなエラを反対側のエラに合わせて削ります。大きなエラに合わしたいときは小さなエラを大きくしなくてはならないので、下顎枝外板移動術や人工骨でインプラントを作成して装着する必要があります。
 また下顎骨自体が左右対称であっても下顎骨の位置が脳頭蓋や上顎骨に対して左右に隔たっていると左右のエラは非対称に見えます。その場合でもエラを削ったり、インプラントをすることでエラの非対称をある程度改善できますが、下顎骨の位置をSSROなどで正しい位置にした方がより自然な形になります。

▲ページ上部へ

  1. 特徴・ご質問