スマートフォン版を表示

美容外科 マックスファクス銀座クリニックの特徴・ご質問についてのご案内

  • サイトマップ
  • 0120-066-426
  • メール相談
  • 予約フォーム
  • 0120-066-426
  • メール相談
  • 予約フォーム

特徴・ご質問

正面や横からの出っ張りが気になる、小顔になりたい方へ

頬骨削りの特徴

  •  一般的な頬骨骨切り

    ◆ 一般的な頬骨骨切り
    耳の前の皮膚を30mmほど切開します。
  • マックスファクス銀座クリニックの骨切り法

    ◆ マックスファクス銀座クリニックの骨切り法
    全て口腔内からアプローチします。

 通常アーチインフラクチャー法は耳の前の皮膚を切開する必要がありますが当院では頬骨弓後方部を口の中から骨きりできる特殊な機械をもちいて基本的にすべて口腔内から行い、頬骨弓後方部の骨切りは頬骨弓の内側から行いますので頬骨弓の外側を走っている顔面神経の側頭枝を障害するリスクが少なく、顔の外に傷跡も残りません。この骨切り法は当院だけの技術です。
 頬骨弓の後方は固定しませんが、前方を強固なSynthes社のMOJ mini plateで固定しますので術後の変位の心配もありません。
 また患者様の3D模型で術前に模擬手術を行い骨固定用のチタンプレートをあらかじめ曲げておきますので手術が容易になるとともに手術時間も短縮できます。

▲ページ上部へ

  1. 特徴・ご質問